読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

『王妃の館 -Château de la Reine-』『VIVA! FESTA!』(東京宝塚劇場 宙組)

 ミュージカルもショーも良かったですね。

 もう一回見たいのにチケットが無い第2弾って感じです(笑)

(第1弾は月組のグランドホテル)

 

 田渕大輔先生の大劇場デビュー作の「王妃の館」。

 感想の第一は「最近の若い先生はやらかさないんだな」でしたww

 昔って若い演出家は結構大劇場作品で駄作を作ってたイメージがあるんですが・・・。まあ、ここ数年はあまり宝塚を見ていないので何とも言えませんけどねぇ。

 完全オリジナルにしないで原作物を持ってくるあたりでも、田渕先生は賢いなぁと思います。デビュー作でオリジナルにしたら思い入れを入れ過ぎてまとまらないリスクとかありますもんね。

 話も面白いのは折り紙付きですが、個性豊かなキャストの見せ場や配置の仕方も主演を立てつつも他の生徒も目立つようにしたりして、良かったですね。

 蒼羽りくくんのファンとしては、やはり女装ゲイのクレヨンちゃんが凄く良かったので嬉しかったです。

 いや~、ゲイの役だって聞いていたのですが、まさか女装したゲイだとは・・・。「そっちか!!」とwww

 女性が女装ゲイをやったって「女の子」にしか見えないんじゃないかと思うのですが、ちゃんとゲイに見える摩訶不思議。男装ゲイ(いわゆるオネェ)ならまだねぇ、男役だしねぇ。

 りくくんの役作りの上手さは知ってますけど、あらためて凄いなぁと思いました。

 あと、やはり主演の朝夏まなと(まーさま)のコメディセンスの良さが光っていましたね。あれは、まー様でないと出来ない笑いです。あくまでも北白川右京としては大真面目なのに、どこか可笑しい。いやいやいや、こりゃ上手いねぇとにやつきながら見ていました。こういう役者さん大好きです。

 今回、宝塚の大劇場公演では珍しい「現代の日本人」を扱っていて、舞台こそパリですがどうしても現代劇にありがちな「地味さ」を娘役トップの実咲凜音の衣裳で上手く華やかにしていました。みりおんが着る衣装の色使いがビビッドでカラフルなんですね。それを着こなすみりおんも凄いけど、趣味が悪い色使いになってしまうギリギリの配色で派手ながらも小ぎれいな衣装は素晴らしかったです。服装としては普通の現代の洋服なんですけどねぇ・・・。あの色使いで下品にならないってのが凄いです。あと、他のキャストも凄い色使いなんですけど(まー様特に)浮かないんですよねぇ。バランスがいい。

 後で衣裳は有村先生だと聞き、納得。有村先生は控えめに言って天才だからな・・・。もちろん、任田先生の衣裳も好きです。(というか、このお二人しか衣装デザイナーを知らないのですけどね・・・)

 

 ショーの方は、祭をテーマにしているだけあって、明るく楽しいものでした。

 そして、やっぱり、りくくん褒めてもい~い?

 闘牛の牛の役(牛です、牛w)しかも「牛S」だったんですが、当然、闘牛士まー様と対峙しなきゃならないわけですよ。しかも闘牛だから見た目の強さはまー様に負けちゃいけないんですよ。りくくん、端正な正統派男役って感じであらぶった役のイメージが無い。

 どーすんだろ、って思ってみてたら、強かったね。猛牛でしたね。気を抜いたらまー様やられちゃうよね、ぐらい強かった。すごいわ。

 うん、ダンス上手いのは知ってるけど、それ以上だわ。すごいわ。

 あと、やっぱりあれですよ。

ソーラン節

 わたるさん(湖月わたる)の時とは当然曲調が違うんですが(たぶん。何しろ大分昔の記憶だからなぁ)、なんですか、宙組はソーラン節をやる掟でもあるんですか(笑)演出の先生も違うのにwすっしーさん、ソーラン二度目だよ!(感慨深い)

(わたるさんの宙組時代、ミレニアム・チャレンジャーと言う演目でロック調のソーラン節ダンスがあったんですよ、そこのお若い方。以降、いにしえの宝塚ファンにとって「ソーラン節=わたるさん」だったわけです)

 ソーラン凄かったです。盛り上がりが半端ない。娘役も入ってるのに力強さMAX!!

 みてて、本当に楽しかった!

 そして、黒燕尾の総踊り、とても綺麗でした。宝塚っていいな~と。

 

 本公演がみりおんの退団公演。

 すくなくとも佳作というべき作品でお見送りできるのは良かったのではないかな。

(いまだに元贔屓の退団公演を根に持っているwwwめっちゃ退屈な演出だったの)

 

 

『紳士のための愛と殺人の手引き』(日生劇場 柿澤・ウエンツ両回 4月)

 やっと、4月の観劇までこぎつけました。

 母が市村正親さんの舞台なら見に行きたい、と言ってたので柿澤勇人くんの回をまず見ました。結構おもしろかったのでウエンツ瑛士くんの回を一人で見てます。

 主演は市村さんですが、主役は柿澤・ウエンツが扮する青年でした。

 でも、8人(ゲイも女性も含め)を市村さんが演じるのですが、これが出来る役者ってそうそういませんよ。まさに主演。

 まあ、ゲイまでは出来るでしょうけど、女性にもなっちゃうし、しかも女声高音域まで声が出るんですよ、市村さん!!びっくりしました。何オクターブ出るんだ、この人・・・。

 柿澤くん、ウエンツくんの役はモンティというどん底で暮らす青年なのですが、どん底の純朴な青年から自信をもった上流の紳士になっていく様は両人ともに良く演じられていました。

 歌は、柿澤くんの方が安定して良かったかな。ウエンツくんはちょと「ん?」なところもあり、声量も足りない(ヒロイン二人や市村さんは声量があるため)感じもしたので。ただ、十分に及第点の歌ではあります。微妙に劣ると言うだけであって、問題があるわけではありません。

 幕が開けて初めの方で見ているので、両人の個性が見られず残念でした。どっちを見ても損はしないし、満足できる代わりに、両方見るメリットはありませんでした。どっちも同じ出来なら両方見る必要はないでしょう。

 これから公演を重ねる中でそれぞれのモンティに個性が出るといいなぁと思います。

 ヒロインがふたりいるのですが、どちらも素敵でしたね。お色気むんむんのシベラはシルビア・グラブさん。可愛いくて純真そうなフィービーは宮澤エマさん。それぞれの役どころを良く表現出来ていたし、歌も素晴らしかった!

 そして、脇を固める役者も歌が素晴らしい!!

 超低音の素敵な歌声が気になって舞台をよく見てパンフレットまで買ったのに、どなたか分からず・・・。だれか教えてください、重低音のパートを素敵にうたった殿方の名前を・・・。

 ストーリー的にもさすがにトニー賞を取っただけあって、面白いです。バカバカしいんだけど面白い。それを市村さんが演じることで更に面白い。殺人の話なのにこんなに笑っていいのか、というぐらい大笑いです。

 完成度の高いミュージカルでした。

 

 

ツツジが咲きました。

 去年は花を付けず、がっかりしていたツツジに今年は花が付いて咲きました!


f:id:nazonazoon:20170425174055j:image


f:id:nazonazoon:20170425174103j:image

 バックが白っぽいので、見づらいかもしれませんが、お花が咲いております。

 わーい!わーい!

 水をやってれば必ず花が咲くわけではない。枯れることもあるし、花が付かないこともある。

 それだけに、やはり花が咲くと嬉しいですね。

 

 

『池田理代子 デビュー50周年記念展 -「ベルばら」とともにー』(日本橋高島屋 3月)

 舞台じゃないですが、見に行って良かったので。

 と言いますか、たまたま2月のバレンタインで5000円以上購入したらタダ券くれたんで行っただけなんですが。思いのほか良かったので。

 基本的に原画展なんですが、まず、プロの漫画家の原稿というのは、こんなにも綺麗なものなのかと。要するに修正が少ないのです。

 不肖ワタクシ、漫画家を目指し「かけた」事がありまして。

 原稿用紙を買い、Gペン丸ペンを買い、スクリーントーンを買い、ホワイトと墨汁も取りそろえ、雲形定規まで揃えました。

 あ?何言ってっかわかんないって?漫画はタブレットで描くもんだって?

 しっしっ!そんな若造は向こうへお行き!

 まあ、古の漫画は紙にペンで描くもんですから、間違ったら白色のインクで修正するわけですね。コマごとくり抜いて貼り合わせる技もあります。

 これがまあ、素人ときたら原稿がホワイトだらけになるわ、切り貼りだらけになるわで醜いったらありゃしない。

 ま、そんな感じなんですわ。普通は。

 それが、池田先生の原稿は編集で折ったと思われる折跡や書き込み、紙の変色等を除けば、綺麗なんです。そりゃたまには修正していますが(人間だもの)。

 

 そして、少女漫画といえばラブロマンスかと思いきや、池田先生は貸本時代から一貫して社会派漫画を描いていたと言うのも驚きました。

 貸本ってレンタルコミックの事かって?

 まあ、似てるけど戦後の貸本はちょっと違うな。池田先生の場合の貸本は「貸本屋専用」の本に描いていたってこと。そこで実力をつけて、出版社に認められて一般流通の本で漫画を描くようになったわけ。

 てっきり私は、女の子が喜びそうな恋愛漫画を沢山描いて地位を築いてから、社会派漫画を描けるようになったのだとばかり思ってたものですから、しょっぱなからイジメ問題を描いたりしてたというのはびっくりしました。

 「ベルばら」と「オルフェウスの窓」を夢中で読んだことがあるので、原画が見られたと言うのが一番うれしかったですね。

 あ、あと、宝塚で使ったベルばら衣装も展示してありました。

 ちなみに、展示の最後らへんで「池田理代子大ファン」のおばさまに引っかかりw ゼクシィに池田先生がオスカルとアンドレの漫画やイラストを描いたときは、それが欲しくて思い切って購入したら、その時に「娘さんの為ですか?」と言われた、なんて仰ってましたね。あー、昔からのファンの人が今も楽しみにしているんだな、と思うと池田先生って偉大だなぁと思いました。

 

 貰い物で行った割には大収穫でした。

 

『That's ZENtertainment!』(浅草六区ゆめまち劇場 SIRO-A 3月)

 さてさて、お次は3月のSIRO-Aの公演。

 舞台って感じではないですね。テーブルがあって、お酒や飲み物飲みながら見る感じ。どっちかと言うと洋画とかで見るような、カクテル飲みながらショーを見る感じに近いかな?まあ、劇場なのでどうしても感じがチープですが(笑)

 30分1200円(別途ワンドリンク)という手軽さも斬新と言うか、面白いと言うか。

 たった30分、されど30分。

 十二分に楽しませてもらいました。

 浅草は外国人観光客も多いので、英語交じりの進行。私の大好きな映画のネタも英語バージョンになってました。しかし、八墓村は外国人には伝わらんじゃろwww

 うん、まあ、いわゆる「舞台」じゃなくて「エンターテインメント」なんだな、って思います。なんだろう、四角四面に「観劇するぞ」と気合入れて行くのもいいけど、「ちょっと時間開いたから、見てみるか」で見られる感じもいいのかなって。

 日本の文化とダンスが上手くミックスしてあって、面白いショーになっていました。

 

 なんか、5月6月に復活するみたいですよ!

 ちょっと値段上がってるけどw

 面白いので、浅草観光のついでにどうぞ。SIRO-Aのついでに浅草観光ってのもいいですね!どっちもOK!

www.siro-a.com

『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲』(東京宝塚劇場 月組 2月)

 もう、大分前の観劇なので書くのは止めておこうかと思ったのですが、実は過去に何を見たかの記録を探すのはこのブログに頼っていたしするので、備忘録的に簡単に書きたいと思います。

 

 さて、グランドホテルですが、初演と違い、主人公は男爵様になってます。初演は人生に迷い悩むオットー

 見てみると、その変更に納得がいきます。主演の珠城りょうは男爵がぴったりの風格ですし、美弥るりかは線が細くてオットーが良く似合います。

 グランドホテルはいわゆる「グランドホテル形式」と言われる手法で描かれる色んな人々の人生模様の物語。

 一番感心したのはグルーシンスカヤ役のトップ娘役・愛希 れいか。

 劇中の台詞を信じるならば年齢が中年?なはずで、しかも過去は人気バレリーナだったことから気品と大物感を出して行かなくてはならない役どころ。宝塚の生徒さんの年齢って分からない(公表しない)わけですが、どーーーーー考えても、彼女の実年齢は20代のはず・・・。

 それが、じつに美しい年増女なわけです。ちゃんと年増なんです。

 そして男爵と恋仲になったら、まー綺麗になる綺麗になる。恋って女を美しくするわよね~と。

 いい役者だな~と思いながら見ていました。

 グランドホテルは元が傑作なので悪くしようがないのでしょうけど、それでも素敵なミュージカルでした。人数の多い宝塚だからこそ表現しうるホテルの喧騒、華やかさが魅力的でした。

 

 ショーは・・・ごめん記憶ない(こら~~~~)

 いや、最近物覚え悪いからシーンごとに誰がどうとかあんまり覚えていられないんですよ。

 ただ、ノートに「素晴らしかった」と記入してますので、素晴らしかったのは間違いない。

 たしか、岡田先生(はい、グランドホテルの演出をしています。でもレビューのイメージが私には強い)のレビューのような品のあるレビューだったように記憶しています。品のあるレビューを作れる人がいるってのは喜ばしいことです。

 まーやっぱりねぇ、宝塚ですもの品位を保たないとねぇ。

 

 本当は2回ぐらい見たかったのですが、人気でチケットなかったのよね~。まあ、最近の東京宝塚は毎公演チケットございませんけどね。

 

 

いきなりツマヅクの巻

 調子が良くなったきたので、英語の勉強を再開しようかな、と。

 なにしろ1か月以上勉強を全くしていない状況。能力がどこまで落ちたかもわからない。そして、そんだけ間が空くと何から手を付けていいかもわからんチン。

 どのみち、まだそんなに長時間勉強できる状態でもないので、軽い物から・・・と言う事で用意したのがこちら。

f:id:nazonazoon:20170411225431j:plain

 なんか画像悪いですが・・・。

要するにはこちらです。

NHK基礎英語3 Can-doチェック しっかりおさらい!  書き込み式ワークブック 総集編 (語学シリーズ)
 

 

  現代英語を選んだ理由は、単に「購入時にまだ初回放送していなかった」「週2日だから」の2点のみです(笑)

  現時点で2回の放送をやってみたわけですが、まあ一回の放送で「カンペキ☆」ってわけにはいきませんね。録音して何回も復習しないと駄目です。そして、ラジオ録音機は持っているのに家にはラジオ電波が届かないのでありました。

 そんなわけで、スマホのラジオ録音できるアプリを利用しています。NHK純正アプリは録音できないんですよね。当たり前か。

 まあ、続かなければ続かないでいいや~って感じです。NHKはもともと過去に挫折しているので、そんなに重視してません。

 

 で、ワークブックの方は、自分の能力がどれぐらい落ちてるのかの確認がてらリハビリできればなぁと。基礎1や2からでもいいのですが、あんまり簡単すぎてもつまらないので。基礎3が難しいと感じた時点で1や2を買ってやってもいいわけですし。

 そんなわけで今日1ページやったんですが・・・

1P目からツマヅイタ

(;・∀・)アラヤダ

 いえね、

She came to Japan from Spain last month.

と言う文章を私は

She came from Spain to Japan last month.

と書いたんですね。なんでやねん、from B to A ちゃうんかい、と。

 ネットで検索かけても from B to A の解説しか出てこなくて。でも天下のNHK様が間違えた答えを載せるはずがない、と色々ワードを変えて検索したら、

  • Come の場合は to A from B
  • Go の場合は from B to A 

と言うのが出てきました。電子辞書で例文検索したらまあ、間違いない感じ。

 しかし、こんなのやったかいな~ですよ。忘れたのかも。

 で、なんでそんな違いが出るねん、てなわけだ。検索かけてもほとんどヒットしなかったのに、その理由なんてもっと引っかかりませんわ。とりあえずまあ、自分で考えて、こういうことかな、と。

f:id:nazonazoon:20170411233146j:plain

 それぞれの単語を図解するとたぶんこうなると思うんですね。人の部分が話し手の視点です。

 要するに、話し手に一番近い場所から並べるのかな?と思ったわけです。英語って自分の居るところから話をもっていきますよね?住所とかもそうだし。

 だから、この場合もそうなのかな~と。なんか西澤ロイ先生の講座で聴いたような気もしてきた・・・。

 なんにしろ、あたしゃ英語のプロでもネイティブでもないので

真相は分かりません(笑) 

 これ考えるのにめっちゃ時間かかったわ~。たまらんわ~。やってくれるわ、NHK