謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

神田鐡道倶楽部に行ってみた!

 発汗が良すぎて毎日滝汗(゚Д゚)@謎です。

 

 先日、再びシャーロックカフェに行こうかと思って覗いてみたら、貸し切りとのことで入店できなかった事がございまして。がっかりしたかと言いますと・・・

 

神田鐡道倶楽部に行こう!!

 

と喜んで神田鐡道倶楽部に行ったのであります。

www.nre.co.jp

 いや、一度行ってみたかったのですが、なかなか神田に赴く理由も無くてそのままになっていたのです。鉄成分のある友達もいないので、友達も誘いにくいし。

 

 どんなお店の作りかもあまりわからずに行ったのですが、カウンターのみ13席のバーのような感じです。

 しかも座席が変わっている。椅子は固定なんですが、座面が後ろにスライドして座ると言うギミック。これ、たぶん、電車の部品の一部じゃないのか?

 と言うのも、店内はこんな感じ

f:id:nazonazoon:20170725215909j:plain

 網棚や服掛けとか懐かしくないですか?懐かしい方、握手しましょう(笑)

 店内は昔の車両の部品を使用しているのです。

f:id:nazonazoon:20170725220031j:plain

 これ、見覚えがあるんですがどこの部品かわからなくて店員さんに尋ねましたら、向かい合わせの座席の車両の座席の通路側にこの部品を付けてつり革代わりにしていたそうです。あれか!

普通・快速列車の座席

 こちらのサイトの「ボックスシート」の写真をよく見ると似た物が写っていますよ(*'▽')

 

 ちなみに、「店内の写真撮っていいですか?」と訊きましたら「ドンドン撮ってください」とのことでした。

 いや、本気の鉄道ファンだと店内撮りまくりたいと思いますよ、ここ。

 

 しかも、駅の構内にあるので電車の音や若干の振動も感じられるのですが、通常マイナスになりがちなそれらも、この場においては極上の味付けになると言う。素晴らしい。

 

 17時過ぎに入店したのですが、バータイムになっているということでお通し代がかかります。昼間は要らないみたい。

f:id:nazonazoon:20170725223127j:plain

 これは、昭和40年代に日本食堂で使っていたコースターの復刻版だそうです。自分の分は持ち帰り可能♪

f:id:nazonazoon:20170725224037j:plain

 カクテルの脇にあるのは、今回のお通しの「峠の釜めし」の御新香。

 鯵の押し寿司と新潟駅をイメージした日本酒カクテル「とき」。

f:id:nazonazoon:20170725230337j:plain

 長野駅をイメージした「あさま」と信州のジビエコロッケ。

 何といっても、車内販売されている名産おつまみや駅弁が食べられるのが良いですね。

 

 店員さんも明るくて、当然電車に詳しかったりでお話してて楽しかったです。

 

 単価は、バーと考えると安い方じゃないかな。私食べるんで高くなっちゃうけど(笑)

 

 また何かあったら行ってみたいな。昼のカレーも気になる!!

 

 

越中ふんどし、はじめました。

 さて、褌を作るぞ!となりまして手拭いでも利用しようかと思ったら、お尻がデカいせいで長さが足りねぇよ!となった(゚Д゚)@謎です。デブは辛い。

 ちなみに、越中ふんどしであれば「T字帯」なるものが薬局で売ってるよ、とコメントで教えていただいたので、ネットでざっと見てみたのですが、腰ひもの長さが足りねぇよ!となりました。妊婦用なのに長さが足りないとか、デブ辛すぎる。

 

 さて、何か長い綿布で作らねばならない、となりました。

 そこで、なぜか母が晒を持っていて、「ほれ」と渡されました。

f:id:nazonazoon:20170724131426j:plain

 なんであったのかは存じ上げません。

 ちなみに、驚異のデブでもない限りは手拭い二本ぐらいあれば作れるかと思われます。

 

 次は作り方ですが、色々検索した結果ここが良さそうだと思ったのが、

yousai.net

こちらのサイトの

褌(ふんどし)の作り方・縫い方

このページ。褌は和裁じゃないのか、と言う突っ込みは無しで(笑)

 

 作り方とかは上記のサイトに載っているのでそちらを参考にしてもらって、サイトにない情報をポチポチと。

続きを読む

出来るとは限らん!!

 夏です。汗に肌がやられる(゚Д゚)@謎です。

 

 そんなわけで、パンツのゴムの部分が見事にただれてしまい、パンツを履かずに2日ぐらい寝ると治る、またただれる、パンツを履かずに・・・(以下略)

 

 なので家にいる間はゴムが無い褌を履いた方がいいのではないか、と言う結論に至ります。

 

 で、市販品もありますが・・・私はデブだ。デブなんだ。デブに市販品は用意されておらんのだ。(デスボイス)

 

 んでまあ、褌と一言で言っても色んな褌がありまして、お祭りなんかで締めているのは「六尺褌

というやつで、Tバックみたいなやつですが、さすがにこれは・・・(笑)

 

 あと、「女性用 褌」で出てくる「もっこふんどし」

というのは、垂れ?(股をくぐらせる布)の後ろと前の両方に紐を通すタイプなので、股の長さをキチンと計らないとモサモサしたり逆にきつく成ったりしそうだなぁ、と。

 イメージとしては紐パンってやつです。

 

 そこで残ってくるのが「越中ふんどし

お腹で紐をくくって、股をくぐらせた垂れを紐に通して垂らすと言う奴。

 これだと、ある程度股の長さを計り損ねても極端に短く計らなければ大丈夫ですし、調節も利くなぁと。

 

 ということで、母が出してきた「晒」を使って越中ふんどし作成、レッツトライ!です。

 

 まだ全然途中なので、完成品はまた後日!