読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

噂の西洋菓子店

グルメ・クッキング

 超おいしいと噂のケーキ屋さんに行ってきました。

 前から一度は行きたい行きたい、と思いながらなかなか行けずにいたのですが、2月は私の誕生月なので、過日の土曜日に母と二人で行ってきました。

リリエンベルグ

 このリリエンベルグのパテシエさんは、以前某公共放送のプロフェッショナルを紹介する番組で取り上げられていました。

 なんでも、ウイーンの皇室御用達老舗菓子店DEMELで外国人として初めて修行 を許された方とのこと。行列のできるお店としても有名です。

 

 さて、そんな有名菓子店ですが、非常に交通の便が悪い閑静な住宅街の中にあります。周りのお家の大きさが大きいです・・・。

 そんな中に、ひときわ目立つメルヘンチックな建物。ジブリ映画に出てきそうなお店は、よく目立つのですぐにわかります。すいません、写真撮り忘れました。

 どうやら調べたところ、モチーフはムーミンのようです。

 中も とてもすてきで、童話に出てきそうなお家になってて、中庭の木々にはオレンジやリンゴを刺して小鳥にあげています。向かいの建物の草を葺いた屋根には水仙がかわいらしく咲いていました。

 ちなみに、店内の撮影は禁止なので写真はありません。

 本当に素敵な建物で、建物を見に行くだけでも価値があります。

 

 

 ケーキを買うのに少し並びました。

 ちなみに、焼き菓子とケーキの場所が分かれています。

 お客 さんの行動を見ると、先に焼き菓子を選んでカゴに入れて、ケーキの列に並んで、ケーキを注文するときにそのカゴを店員さんに渡していました。

 焼き菓子だけ欲しいときは、レジの列がケーキとは別にあるので、店の奥に行って焼き菓子を買う必要があります。ケーキは店入り口付近に列ができます。

 日によって違うかもしれないので、わからないときは店員さんに聞いた方がいいですね。

 

 そして、その店員さんの対応がと ても丁寧で素敵でした。

 注文取りからお会計までにこやかなのはもちろん、ケーキの箱を手提げ袋に入れるかどうか訊くときに、

 

「紙とビニールがありますが、午後から雨が降るそうなのでビニールがいいかと思います。
 お歩きですか?傘はお持ちですか?」

 

と、にこやかに訊いてくださり、超忙しい中でそのような会話をできる気配りに感心しました。

 店を入ってから出るまで、1ミリも嫌な思いをせず、むしろ幸せ な気分になれました。客商売として、これはとても大事なこと。どんなに味が良くてお値段がお手頃でも、嫌な思いをする店は客足が遠のきますからね。  そんなわけで、当日購入したケーキはこちらです。


f:id:nazonazoon:20170209142418j:image

 デメルといえばザッハトルテ。リリエンベルグでも代表的なお菓子としてザッハトルテをあげています。

 ザッハトルテはカット、一人用の小さなホール、普通のホールケーキサイズとあります。生クリ ームは別売りで100円です。

 もともとチョコレートケーキを食べないので、ザッハトルテも食べたことがなく、他と比べることができませんが、私は上にかかっているチョコレートがとてもおいしいと思いました。別添えの生クリームにぴったり!

 ところが、母はそのチョコレートが甘すぎてダメだと言うんですね。人の味覚はそれぞれなので、やはり「絶対おいしい」と言うものはないのだなぁと。

 

 イチゴのミルフィーユ は、ミルフィーユあるあるで非常に食べづらいのですが、カスタードクリームがおいしくて満足でした。

 母はショートケーキとチーズケーキを食べたのですが、この二つは好評でした。特にチーズケーキが苦手だったのを知らなくて私が買ってしまったのですが、このチーズケーキならば食べられる、おいしい!と喜んでいました。

 ショートケーキを母から少しもらったのですが、あっさり系生クリームとスポンジの相性がとてもよ く美味しかったです。

 

 

 さて、では、遠いところを無理して行って、並んで買う価値があるケーキかと言いますと、紙一重的なラインです。

 ケーキは確かに美味しいし値段も普通なので、これが駅前にあったら絶対行ってね!!って感じなんですが・・・。苦労していくほどかと言うと・・・意見が分かれますね。先ほど書いたように味については人によって感覚が違いますから。

 私的には、うちの近所のケーキ屋さんよりは絶対お いしいので記念日の時に買いに行くぐらいだったら行きたいな、と。お店素敵ですしね。

 

 平日だけ喫茶店もやっているようなので、今度は喫茶店に行ってみたいと思います。

お引っ越ししました

ウェブログ関連

 約四年間FC2ブログでブログを書いておりましたが、引っ越しする事にしました。

 

 引っ越し理由?

 

 運営会社に不信があるためですね。動画の方で警察沙汰になった報道はご存知かと思いますが、他に引っかかるのが、スマホでブログを書くためのアプリがGoogle playからのインストールではないことです。

 

 まあ、appleの審査に比べてAndroidアプリの審査は甘すぎるようで、ウィルスとかヤバいアプリとか存在しているので、Google playから落としても他のサーバから落としても大差ないかもしれません。

 

 しかし、逆に言えば業界大手にも関わらずユーザーの安心をある程度担保できるGoogle playの審査を受けないのが解せない。お金をケチった?

 

 ざっと調べたところ、Google play側に開発者として登録するときに一回だけ登録費用を払うだけらしいんですよね。しかも、個人で開発されている方々居ることを考えても、そんな莫大な費用ではないと思うんです。

 

 どうにもその辺が納得しかねまして。

 

 一時期はそれでも仕方なしにアプリを導入していたのですが…不信感が拭いきれず。

 

 そんなわけで、長らく移転を考えてはいたのですが、何しろ3000を超える記事をかかえてます、うちのブログ。これをある程度のレベルで再現するのは結構骨が折れます。ココログからFC2に移転したときは苦労しましたから。そう考えると踏み切れなくて。

 

 あと、無料で自分が割り切れるぐらいの使い勝手のところとなるとどこかな、と探っていたのもあります。

 

 体調も良くなったので、行動する事にしました。

 

 取り敢えず移転先は最近よく見かける、はてなブログにしてみました。あっちこっち検討してみて一番私の要望に合っていたからです。

 

 ひとまず、更新はこちらにするようにしまして、FC2は気が済むまで倉庫として置いておきます。こちらで何か問題あれば戻るつもりです。出来れば戻りたくないけど。

 

 

そろそろプランターも空けないとなぁ

園芸
 ルッコラが硬い葉っぱが多くなってきたので、小さいベビーリーフ用プランタールッコラは全部引き抜きました。

 大きい、トマト植えたりカボチャ植えたりしていたプランターにもやけくそでルッコラまいてボサボサ生えてるんですが、こちらも今月中には引っこ抜いて土を改良しないと夏のお野菜に間に合わなくなっちゃうかも。

 さて、今年は何を植えますかね~。母はゴーヤを希望しておる。ちなみに、キュウリ・ナスは私が好きではないのでパス。

 なんか食べられる美味しいお野菜ないかしらね~。


残りの薔薇の植え替え終了

薔薇
 自分用記録の為の記事。

 本日、最後に残してあった薔薇の植え替え終了。癌腫病なし。用土は京成バラ園の培養土100%を使用。元肥は薔薇の家のやつね。

 バラの芽が出だしてきていたので、ちょっと植え替えが遅かったかもしれません。

 内側に出てきた芽をいくつか欠いてみた。

 あと、カイガラムシを必死でこすり落としました。周囲が鱗みたいなものだらけになって気持ち悪かったw

 今年もきれいな薔薇が見られるといいな~。

うおおおお、まちがえてーら!

めんへる
 私がウツじゃなくて双曲性障害だって記事書いたんですが・・・

双 極 性障害

でした!!はずかし~~~~。

 ラミクタール飲んで3日目ですが、極端にいきなり元気にはなりませんでしたが、今日現在は気分がマシです。プラシーボ効果かもしれませんけどね(笑)

 しかしまあ、双極Ⅱ型だと専門医でも見逃すっていうし、うちの主治医も「抗うつ剤をあれこれ試しても効きが悪い」と言う検証をしてからの判断だったぐらいなので(と言っても気分安定剤は処方していましたが)、診断が本当に難しいんだろうなって思います。

 いや、病気じゃないけど元々の活動量やテンションが高い人っているじゃないですか。うちの母妹がそうなんですけど、私より元気が有り余っててパワフルなんですよ。それが躁ではなくて通常(人生が破たんするほどの行動をやらかさない為)で、私のちょっと元気になった程度で大人しい状況が軽躁とか解せぬですよ(笑)奴らより、冷静で理知的なワタクシwwが軽躁とか世の中間違っとる。

 なんでも、仕事がちょっとできる人とか社会的地位が高い人とか結構双極性障害の人多いらしいですね。

 おかしい・・・社会的地位も無いし、仕事もできねーぞwww

 まあ、でも成功と引き換えに人生破たんするような行動しないで済んでる状況だから、まあ、いっか~。


いつになく本を読んだので・・・1月の読書記録

書籍・雑誌
 なんか、1月はえらい冊数読んでますね・・・。びっくりだ。

============================

1月の読書メーター読んだ本の数:11 読んだページ数:1603 ナイス数:32

 佐藤氏との共著「最強の読み方」が情報収集について幅広く取り扱っているのに対し、本書は報道と言う物に対して深く掘り下げている。なので、「最強の~」と話が一部重複している。報道そのものの有り様についてやどうのようにニュースが作られているのか知りたい向きには本書を、情報収集について参考にしたい場合は「最強の~」を読むといいと思う。読了日:01月30日 著者:池上 彰

 非常にバランスの取れた良書。読書だけでなく人との付き合い方法まで書かれてある。小・中・高校の勉強が基礎になると言う内容に関しては、「何のために勉強するの?」という学生にありがちな疑問への素晴らしい回答になっているので、この点で編纂しなおして学生向けにしてもいいのではないかと思うほど(すでにあるのかな?)凡人の私には到底真似できませんが、参考になることも多く、役に立ちます。読了日:01月29日 著者:池上 彰,佐藤 優

 WindowsMacintoshのパクリだと聞いたことがあったのですが、こういう事情だったんですねぇ。ジョブズの快進の復活劇編を見たかったです。特別版かなんかで出ないかな~。読了日:01月23日 著者:

 最新15話が話題になったので・・・ってことで読んだんですが・・・これでも十分怖すぎる、辛すぎる、悲しすぎる。うん、でもね、ギャンブル依存の父とそれを支える母の構図だと、こうなるんだよね。本当にこうなる。たぶん、今でも苦しんでいる優子ちゃんみたいな子供たちがいると思うよ。たぶん、だから作者も命削って描いているんだと思う。読了日:01月22日 著者:大月悠祐子

 ネットで最新15話と「ペンと箸」の内容の差異が話題になっていたので購入して読んでみた。時間軸がブレブレで読みにくいんだけど、多分そうしないとこれ、読むの辛すぎると思う。読了日:01月22日 著者:大月悠祐子

 うつヌケ同様にカラーで読んでいただきたい一冊。各漫画家さん親子のいろんな心温まるお話を田中圭一氏の見事な模写を交えた漫画で構成するという、贅沢なマンガ。知ってる親子から知らない親子まで、どの親子もいい親子で涙が滲みました。読了日:01月20日 著者:田中 圭一,GMOクリエーターズネットワーク

 電子書籍版で読了。これはモノクロよりもカラーで読む方がより、書かれていることが伝わりやすいかと。あなたの鬱は私の鬱とは違うのがウツなので、沢山のうつヌケが掲載されているのは凄く良いことだと思います。 そうだね、もっと自分を好きにならないとなぁ、私。読了日:01月20日 著者:田中 圭一

 40代からでも英語は身に付く!という勇気を与えてくれます。40代に限らず全年齢の方にも有益な情報がいっぱいです。 個人的にはあまりビジネス本や雑誌は読まないのですが、英語以外にもためになる記事もあり、全体的に良かったです。読了日:01月15日 著者:

 意味が多様で覚えにくい基本的な単語のイメージとよく使う前置詞のイメージをつかむのに非常に適した本。英語を使えるようになりたい向きにはお勧めの本ですね。読了日:01月08日 著者:西澤 ロイ

 牛角のお話はそういうことだったんだなぁと。あと、前評判で泣かされるなかされると言われてた書下ろしで、予想通りの展開なのにやっぱりまんまと泣かされた・・・。読了日:01月06日 著者:井上 純一

 3人の掛け合いが面白い。一応記載の英文法に関しては正しいと思う(当たり前だ)けど、ザッとしか書かれていないので「英語ってこんなもの」的な理解の助けにするのがいいと思う。読了日:01月05日 著者:爆笑問題,パトリック・ハーラン
読書メーター

============================
計11冊!!まあ、漫画が多いですけどね~(笑)

認めなきゃね~。

めんへる
 本日は通院日。休職してからは週1で通院です。

 そして・・・  とうとう認めなくてはならないようだ、双極Ⅱ型(躁鬱の躁が軽い障害)ということを。

 一度、その診断が下されようとしたことがあるのですが、私が非常に動揺してしまったからか、先生がその判断をはっきり下すことはありませんでした。

 今日も、先生はその名称をはっきりと口にしませんでしたが、遠回しな話を総括すれば双極Ⅱ型ではないかとい うこと。

 イフェクサーという最新の抗うつ薬を高容量使っても良くならないのは単極性(うつ)ではなく双極性(躁鬱)判断されるとのこと。

 Ⅱ型というのは躁状態が軽いため、躁になっていることがわからないものを指します。  

 完全に躁状態だと人生破綻させるようなエピソードがでてくるので分かりやすいんですが(借金したり、事業興したり、女口説きまくったり、買い物しまくったりなど)、軽躁だと「うつが良くな った」というぐらいの状態なので、医者でも気づかないことが多いのです。

 うつが長期化している人には実は双極性だったって人は多いそう。そもそも単極性の鬱と双極性では薬の処方の仕方が違ってくる。(抗うつ薬躁転するので注意が必要だったり、気分安定剤を入れたりだったり)

 鬱病双極性障害は全く別の病気なんです。

 一回目に双極では、といわれ動揺したときには「抗うつ剤のブーストとして使うこともある 薬ですよ」と気分安定剤であるリーマスが処方されたのですが、手のふるえが出てしまい、高容量で使えなくなっていました。

 なので、先生も本格的に双極性障害に効果のある別の薬を使うしかないと判断したようです。

 で、今日出されたのが抗てんかん薬のラミクタール。

 もともと、てんかんの為に作られた薬なのですが、双極性障害うつ状態に効果が認められるということで、2011年に双極性障害への適応が認められた薬です。どこをどうとっても双極性障害てんかんにしか使わない薬。処方されれば双極性だという診断なんだと気づきます。

 けっこう効くみたいなんですが・・・湿疹がでてしまうと中毒状態ということで処方できなくなるようです。

 ネットで検索したら、効くが故に湿疹が出ているのに中止せず残りの薬を飲み続ける人もいるそうで。(湿疹が出たら飲むのを止めて病院に連絡して下さい、と言われますし、私もそのように 指示されました)

 なんか、もう、最後の手段ぽい感じでした。先週も先生かなり悩んでたし。

 まあ、双極性障害だとなにがイヤって薬を飲まなくていい状況(寛解)にならないんですね。状態が良くなっても予防的に薬を飲まなくてはならない可能性が高い。ずっとお医者さんに通わなくてはならない。

 最初の診断の時はまだ鬱としてもそんなに長い年月ではなかったから「寛解しない」と言われたも同然の診断は受け入れ られなかったんです。

 でもね、もうそろそろ10年。

 まあ、人生で充実の30代を棒に振りましたからね。

 通常守るべきものを積み上げるのが30代ですが(結婚とか子供とか、会社での実績とか地位とか)、なーんも積み上げられなかったので失うもの、ないんですよね。

 そったらまあ、治んなくても支障はなにもないし、この先定年まで20年ぐらい薬飲み続けて、病人のレッテル貼られたまま働いてても別に いっかーって。もう、やりがいのある最前線の仕事したーいとか思わないし。

 病人のレッテル剥がしたかったんですけど、もう無理に剥がす必要のない年齢と言いますか、健康でやってても癌とかぎっくり腰とか他の病気で病気になりやすい年齢になりましたから、今更もう剥がす必要もないか、って感じで。

 え?一回目の診断の時に認めておけばよかったんじゃないかって?

 どうでしょうねぇ。

 もしかしたら自殺してたかもしれません。

 仕事がしたい、寛解して病院に行かなくて済むようになれば病人扱いを受けないでみんなと同じように働ける可能性がある、また仕事の前線に立てる、って希望があるから頑張れたところがあるんでね。希望を失ったら、病気も相まってどうなっていたか・・・。

 まあ、しょうがないっす。その時その時の最善を尽くしてきましたから。

 もう、歳で枯れてきたのか仕事バリバリがんばろうって気もないし、おまんま食べられて年に数回宝塚が見られてお茶会いって、見たい映画を見に映画館に行けて、英語の勉強できたら十分。

 そう思ったら、ま、双極性障害でもいいんじゃん!て気持ちになれます。

 あとねー、双極性障害って芸術家とか作家さんに多かったりとかするらしいですよ。
僕、もしかしたら天才かもしれないよ!!(笑)

 ま、のんびりやっていきます。