読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

エリザベート (帝国劇場)

千秋楽を迎えたエリザベート。こちらのキャストで見てまいりました。 たった一度の観劇でしたので、このキャスト以外は見られなかったのが残念ですが、少なくともこのキャストに関していえば、 最 高 ! でありました。 何しろ技術的な穴が見当たらない。日…

兵士の物語 (英国ロイヤル・オペラ・ハウス版 東京芸術劇場)

海外の作品は、往々にして日本人の感覚に合わない場合がある。 この作品が思いっきりそれだった。 アダム・クーパーも他の演者も素晴らしいダンサーだしセリフ回しも素晴らしい、演奏も舞台装置の芸術性も高い。すべてにおいて本当に素晴らしく、これを日本…

椿姫 (新国立劇場 オペラパレス)

国内製作のオペラは今回二回目、専用劇場での観劇は初めてという状況で行ってまいりました、オペラ。 行って仰天。 一杯2000円のシャンパン が売られており、テリーヌかなにかのちょっと食べるおしゃれなプレートもあると言う・・・。スイーツも皿に美しく盛…

レディ・ベス(帝国劇場 2014年5月17日12:00公演 )

さて、昨日見た舞台 レディ・ベスの感想など。 私の見た回の配役は こんな感じ。 ええ、花ベスかとおもったら、綾ベスだったという。 まあ、いっか。 さて、演出は我らが小池先生です。 さすがです。 特に文句は御座りませぬ。 某先生のガタガタを視た後だけ…

舞台業界に対して思うこととか愚痴とか

体調悪くてくたばってる間に、今の日本ミュージカル界の欠点と限界や宝塚の欠点について考えてブログに書こうと思っていたんですが、こないだ元アヒ会の方と飲んでぐわーっとしゃべったらどうでも良くなりましたw とりあえず、現状のままではいつまでたって…

Newsies (Nederlander Theatere in NYC)

ブロードウェイ観劇二本目は、日本未上陸の「ニュージーズ」。 欲張り(゚Д゚)@謎は、せっかくニューヨーク行くんだから日本で見られない物を見たいと思い、探しました。 ブロードウェイ見たさにニューヨークに行く人もいるので、ネットで探せば最新の情報が日…

Annie (Palace Theatre,in NYC)

乳児のころから宝塚歌劇団には連れて行かれていたらしい。でも、年に一回ぐらいしか遊園地に行けない子供にとって、宝塚は正直ファミリーランドがお目当てだった。 そんな女の子が生まれて初めて感激し、「ミュージカル大好き!!」と思ったのが1986年に…

Musical Songs Concert SUPER DUETS

さて、なかなかミュージカルを見に行けないので安蘭さんが出演しているミュージカルコンサートに行ってきました。 コンセプトはミュージカルのなかのデュエットソングを歌いましょうってことなんですが、蓋を開けたらソロもあるしみんなで歌うのもあるしで、…

舞台は見たいが、状況が許さんのだよ!

最近、完全に宝塚やら外部舞台やらの情報から遠のいております。 ツイッターのフォローは舞台関係に興味のある方が多いので、皆様のつぶやきを読みながら見たいなぁ~と思うものはいくつかあるにはあるのですが、情報検索してチケット取る前に講演が終わって…

イエロー(30-DELUX主催)一回目二回目

これからまだ、大阪・名古屋と公演のある舞台なのであまりネタバレをしないよう気を付けつつ感想おば。 いや、もう!おもしろかったー!! ストーリーはまあ、正直ありきたりです。これはしょうがないです。なんでかというと、古今東西話というものの展開は…

「祈り 2012」―別れと新たなる出逢いの物語―

夜勤明け、問題発生で危うく居残りさせられそうになるのを何とかしのぎ切り、裏で陰口叩かれようと知ったこっちゃない!!とばかりに退社して、家帰ってちょっと寝てからレッツらごーしてきましたよと。 「祈り 2012」『つめたいよるに』(江國香織・作 …

土御門大路~陰陽師・安倍晴明と貴船の女~ (能「鉄輪」より)

友人にデラ不評ですげぇ心配して観に行った本公演。 総評としては佳作。最優秀ではないけど残念賞でもない感じでした。うん、友人はセンシティブなお方だったの忘れてた。ふつーにふつーです。うん、ごめん普通だよ。極上ではない。 本としては良くできた脚…

会津の空に残した月影 ダメ出し?

千秋楽を無事に終えられたとのことで、祝着至極にございます。 さて、私が大絶賛の講評で終わらせる訳がございません。 このひねくれ具合が、私の私たる所以でございます。 そんな訳で、いくつかの難点を挙げたいと思います。 最大の欠点は、暗転が多いこと…

そのひとことをあなたにあげる

会津の空に残した月影終了後、役者さんがロビーにいらしたのであひちゃんを探すもさすがにいらっしゃらず。 「とても良かったです」 の一言を言えずに出口に向かっていたとき、小柄な若い男性の役者さんがキラキラの笑顔で 「ありがとうございました」 と頭…

会津の空に残した月影 二日目

本日、my楽でした。 昼、夜の二回みたら流石に疲れましたが、不思議とまた観たいと思うのです。 欠点がないとは申しません。 しかし、それを上回る感動がある。 あひちゃんの凄いとこは、泣きの場面で泣かないこと。凄い難しいと思いますよ。それができるの…

会津の空に残した月影

あひちゃん主演の時代劇舞台「会津の空に残した月影 」 最新のブログでチケットの空席状況が出ましたが、なかなか厳しい現実を見せつけられましたね。でもまあ、平日は埋まらないよなぁ。某劇団も埋まらないご時世ですし。(あそこが埋まらないのは時勢じゃ…

DEVE ESSERE ARTISTA ~芸術家たれ~

あひ友さんのお誘いで行ってまいりました。 超久しぶりの声楽的なコンサート。 出演の武井基治さんはたかちゃん(和央ようか)出演のミュージカルにも出演されていた方だそうな。 ミュー俳優ではなく、テノール歌手だったのね。 さて、舞台装置は動かないピ…

ドラキュラ(東京国際フォーラムCホール 9月3日昼公演)

フランク・ワイルドホーンが手がけた噂のミュージカル「ドラキュラ」、和央ようか主演ということで楽しみにしていました。 話の筋や役者は良かったのですが、なにしろ深く書き込むと言うところがなく、上辺だけをさっとなぞるような脚本の作りになっていたの…

好色一代男 千秋楽(8月21日)

井原西鶴の「好色一代男」を原作とした大衆娯楽劇といった感じだろうか。 原作を読んでいなくても十分に話が分かり、筋が一本通っているので見ていて心地よい。 現代劇に比べれば、セットの運用や舞台の使い方が平面的ではあるけれど、それも時代劇カテゴリ…

ニコニコ寄席

結局、朝活は一日坊主だった(゚Д゚)@謎です。 まあ、毎日努力はいたしますがね。 ニコニコ寄席に行ってきたので、その感想なんぞ書こうかいなぁ、とも思ったんですが勢いを自分の中でなくしたのでごく簡単に。

MITUKO(青山劇場 6月19日13:30公演)

友人のおかげで「MITUKO」を観劇できました。 観に行って良かったですね。完成度は高いです。 ただ、光子の生涯って何だったのさ、幸せだったの?と疑問の残るストーリーなので、物語としてはどうかな?と思う向きもありますが、実際にはこれが現実なんだと…

ORANGE (AMUSE×PEOPLE PURPLE PARCO劇場)

やっとのことでアップです。 劇団ピープルパープル上演「ORANGE」。 すでに終わってしまいましたが、神戸の劇団「PEOPLE PURPLU」が長年大事に上演し続けてきた、阪神淡路大震災での消防活動の記憶を軸に、命の大事さを問う作品。 なんて書くと凄いかたっ苦…

いつ行ったか忘れそうなぐらい昔の観劇感想

観た舞台をまとめて簡単に感想をば・・・。 ●誰がために鐘は鳴る(宝塚歌劇団宙組公演 東京宝塚劇場) ストーリーはまあ、いいとして演出がなんだか凡庸に思えた。イケコの足元にも及ばない。小池先生って天才なんだなぁとか思ってみたり。 しかし、ウサギさ…

エリザベート(東宝制作版・トート:城田 エリザベート:朝海)

念願の城田トートを見て参りました。 城田トートの良いところは見た目の良さだけでなく、ちゃんとロック調で歌えることでしょうか。 声もいいし、すてきだな~と思って聞いていたら「最後のダンス」の最後「お~れ~さぁああああ」の部分で大外し。 Σ( ̄ロ ̄…

エリザベート(東宝制作版・トート:山口 エリザベート:瀬奈)

始めてみました。東宝版「エリザベート」 一言で言うと、「大人向けのエリザベート」でした。R-15指定じゃないの?的な。 なかなかどぎつい。きわどい。陛下の浮気がばれた原因にのけぞりました。マダムヴォルフのコレクションが恐ろしいことになってます。 …

東京ってどう?

とある日、「東京は舞台が沢山あるけどどう?」と聞かれたことがある。メールなのを良いことに返信せずにスルーしてしまったが・・・どうなんだろうと今でも考えてしまう。 なにしろ、あひちゃんが宝塚を卒業してから仕事が忙しくなりつつあることもあって舞…

薔薇とサムライ(新感線RX 赤坂ACTシアター 4月3日 18時公演)

いま、私の中ではもっとも完成度の高い劇団☆新感線の舞台を見てきました。 劇団☆新感線はこれで2回目の観劇ですが、本当は何回もリピートしたいぐらい面白い。 とにかく、笑えます!! 今回はあまり泣きの面はありませんが、前作「五右衛門ロック」に負けな…

カッコいい〜

今日は劇団☆新感線RXの「薔薇とサムライ」を見てきました。 まさかの宝塚パロがあって大喜び。 とにかく天海祐希さんがめちゃくちゃカッコ良かったです。 感想は後日(´∀`)

「ディートリッヒ 生きた 愛した 永遠に」(青山劇場 3月20日公演)

待ちに待ったたかちゃん(和央ようか)主演の舞台、「ディートリッヒ 生きた 愛した 永遠に」を観てきました。 脚本演出は、及第点と言った感じ。斬新さやグッと来る見せ方がないけれど、話としてはまとまっているし観ていて不快ではないのでまあ、損した気…

愛と青春の宝塚(舞台映画)

なかなか好評だったという舞台版「愛と青春の宝塚」を映画館で見てきました。 以前、ソロモンの指輪の舞台映画がウザイぐらいに効果的に撮りすぎて「こんなんやったら、DVDをそのまま流せばええやん!!」と思ったことがあります。今回のはその「DVDをそのま…

ありがとうと言いたくて~椿山課長の七日間~(三越劇場 9月21日11時半公演)

まず、デパートの中の劇場で見る、デパートにかかわる人々のハートフルなお話し。と言った感じでそこに面白味を少し感じました。 劇場、ワザと三越劇場を選んだのかしら? だとしたらベタだけど良いセンスだわ。 三越劇場は古い感じの豪華な作りで、小さい劇…

ウィキッド (劇団四季 電通四季劇場[海] 7月5日13時公演)

行ってきましたウィキッド。主役の配役は グリンダ:沼尾みゆき エルファバ:江畑 昌慧 の回でした。 いまいちグリンダが気に入らないとおもったら、もしかしてオペラ座の怪人で私が非常に気に入らなかったクリスチーヌをやった人ではないか???と思い至り…

光の帝国(演劇集団キャラメルボックス・ハーフタイムシアター 新宿FASE 3月10日公演)

原作を読んでいないと入り込めない、などという前評判もあった「光の帝国」ですが、原作を読まないで見て参りました。 結論として、読まなくても大丈夫ですね。ただ、異能者モノの話に対する適応は必要ですが。SFとかファンタジーとか読んでる人なら大丈夫だ…

今年を振り返る

水回りは残すところお風呂場だけ!!イエェイ!! ダケドモダッケド・・・ すんげー疲労してまふ。明日のお稽古待ちは絶対無理だにゃ~。 ちょっと頑張りすぎてますかね。 さて、最近はテレビでもブログでも「平成20年を振り返る」とか多くなりましたね。…

CHICAGO「日本版」(赤坂ACTシアター 10月11日18:00公演)

待ちに待った「CHICAGO」。 和央ようかが出演し、初めて女性として立つミュージカルの舞台。 ファンとしては細かいところは目をつぶり、大絶賛するのが正しいあり方なのかもしれない。 だが、だ。 私のモットーは「例え贔屓でも悪いところは悪いとい…

赤坂ACTシアター

地下鉄千代田線赤坂駅からシアターに行く途中には、ミニ大階段(変な日本語w)がありました(笑) さてさて初めての赤坂ACTシアター。全体の感じは、 「狭っ!!」 メイン通路は広めに取ってますがロビーが狭い。そして、座席も狭い。 さらに二階はかなりの急…

なぜ予定は重なるのだ

10~12月に見たい舞台は、 シカゴ・ソロモン・銀ちゃん・キャラメル・パラプリ・夢の浮橋 と有るわけですが・・・・このうちソロモンと銀ちゃんが同じ週に被ってしまったわけです。しかもその週は、 病院・銀ちゃん・カウンセリング・ソロモン・セミナー…

あんまし辛口もどーかとは思うんだけど

東京宝塚劇場へ向かう途中、日生劇場付近でどこからか歌声が聞こえてきました。 何事か?とおもったらシアタークリエの前で東宝ミュージカルスクールの女性3人がストリートライブを行っていた模様。 いやさぁ、前にもブログに書いたことあると思うんだけど…

嵐になるまで待って(演劇集団キャラメルボックス サンシャイン劇場 8月15日19時)

たぶん、今年初めてのキャラメルボックス観劇です。ブログを見直したら12月の「トリツカレ男」以来。 そのせいか、期待しすぎていたのかも知れません。 キャラメルでは4回目の再公演。再公演であると言うことは、それだけ完成度が高い、ということ。そし…

サンシャイン劇場改装記念公演

劇団キャラメルボックスの『嵐になるまで待って』を見てきました。感想は後日。 結局、花組を落とす事になってしまいましたが・・・今は確実に笑わせて、確実に泣かせる芝居が見たかったんだよぅぅぅ。 ってことで、池袋にあるサンシャイン劇場に行ったわけ…

「五右衛門ロック」(新感線☆RX 新宿コマ劇場 7月27日昼)

すげぇモン観ちゃったよ!! 演劇集団キャラメルボックスを初めて観たときにも、そう思った。けど、今回は更にその上を突き抜けてしまった。 主な客演を並べただけでも凄い。 北大路欣也・松雪泰子・江口洋介・森山未來・濱田マリ・川平慈英 そこへ、約四年…

ななななな、なかいさぁ~ん!?

今日は五右衛門ロックの感想を書くべく、購入したパンフレットとにらめっこしておりました。 劇団☆新感線自体を余りよく知らないところへ、もの凄く豪華な客演陣なので誰が客演で誰が団員か念のため確認するためが主なところなんですが・・・対談なんかも載…

いい劇場なのに・・・

本日、新感線☆RXの「五右衛門ロック」を観に新宿コマ劇場に行ってきました。 「五右衛門ロック」感想は別に回すとして、多くの方がご存じの通り、新宿コマ劇場は今年末をもって閉館することになっています。 マツケンに続き、2回目の新宿コマ劇場での観劇で…

新宿コマ劇場年内閉館

新宿コマ劇場が今年いっぱいで閉館すると言うことが発表されましたね。 新宿コマ劇場は松平健の芝居とショーを観に行ったときに初めて行ったんですが、中央が円形に張り出している舞台構造に 「なんか歌謡ショーとかやった方が似合いそうだな」 と思ったのを…

和リーグ 雑じり逢うカンセイ カラミアウ個性(ゆうぽうとホール 1月25日公演)

「和のものに興味があるのに、敷居が高くてなかなか見られません。一度、是非見てみたいです」 そんな、本音の思いと共に「月組の千秋楽と被るけど、千秋楽のチケットなんか取れないし、この懸賞だってどうせ外れるだろう」と軽い気持ちで招待券の懸賞に応募…

トリツカレ男(演劇集団キャラメルボックス 池袋サンシャイン劇場 12月20日19時30分公演)

うわああああ、これ見たの12月20日だったのかぁぁぁ!!!! 今更ジローな感想です。 サマーツアーの「カレッジ・オブ・ウインドウ」が2007年に見た中で最高の舞台かと思っていましたが、この「トリツカレ男」はその上を行きました。 季節柄もあった…

ブラスト! ブロードウェイ・バージョン(8月31日 東京国際ホーラム・ホールC)

妹と行って参りました。B席は3階席の最後列。 ホールCは舞台上部が切れてしまいますけど、結構舞台と客席の距離が近くて演劇やオペラを見るにも最適な感じでした。 さて、ブラスト! 警視庁音楽隊+カラーガード+鼓隊のアメリカド派手技術魅せます見せま…

東京国際ホーラム

ホールAとホールCで行われたコンサートに行ってみて思ったんですけど・・・ 音響悪い? ブラスト!!を一緒に観に行った妹も首をひねる。 調べたところ、音響設備に関してはかなりいい技術を導入しているみたいですね。 お好きな方は適当に検索で拾った資…

カレッジ・オブ・ザ・ウインドウ(演劇集団キャラメルボックス・サンシャイン劇場 7月18日公演)

キャラメルボックス2007サマーツアーでございます。詳細は公式サイトへ こちら 東京はもう、今月5日までの公演に成っちゃいましたね。もう1回見たかったな・・・。 さて、この演目。 演劇集団キャラメルボックスにとって代表的な作品だそうです。しかも、…

DAMN YANKEES~くたばれ!ヤンキース~(青山劇場・6月3日17時30分公演)

調子が悪かったのかなんなのか、開演時間を18時と勘違いしていたため開始30分ぐらいを見ていません。失敗。 ワタさん(湖月わたる)の宝塚退団後、初めての舞台。 野球大好き、ワシントンセネタ-ズの熱狂的大ファンのジョー・ボイド(青山明)に、ある…