謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

力の強さは関係ありません。

 昨日は、通院日。カウンセリングはなし。

 今の担当医が前の担当医が開業したクリニックに移るらしいので、合わない今の担当医について病院を変えるんだったら元の担当医に変えていいかと尋ねたところ、クリニックを移る話をするときの先生の

うれしそうなこと!!Σ(´∀`;)

 まあね、先生ひとりですごい忙しそうだったし、昨日も救急センターから呼び出されていたらしくて走って診察室に戻ってきていたからねぇ。

 すごい明るくて快活な先生で、いい先生だとは思うんですね。でもなんかちょっと合わなかったんですが、もしかしたら忙しくて先生自身も疲れてらっしゃったのかも。人間性からいえば、いい人の部類なのは間違いないですから。

 とりあえず、担当医がころころ変わるのは勘弁です。次の人がいい人とは限らないからね。

 医は仁術

といっても、いまどきの医者はねぇ~。金儲け主義が顔に出ていたり、人の悪い医師も多いからね。国家資格をとればお医者様ですからね。その後、研鑽を積んで己を磨かなくては名医にはならないわけで。

 医者選びは難しいです。

 整形外科のときに痛感しましたね。足が腫れたときにAと言う病院では異常なし(パンパンに腫れているのに異常なしかよ)が、Bと言う病院で『筋断裂の跡あり、なぜ治療しなかった』といわれ、腰痛についてBでは『骨格のゆがみが原因、理学療養してもむだ、整骨いったんしゃい』と言われたものをCでは『電気治療・けん引で直ります』といわれたりな。Cは会社の指定でしかたがなくいったんだけどさ。

 セカンドオピニオンって、大事っす。Bは名医だと思うんですが、何しろ実家(大阪)の近所なんだよな~(苦笑)

 整形外科はスポーツドクターもしくは自らスポーツをやっているお医者さんがおすすめです。けっこう、筋肉のバランスや作用を考えずにレントゲンだけで判断する医者いますから。スポーツやってると嫌でも筋肉について考えるもんね。

 

 で、とっても気になっていた病院の最寄り駅にあるリラクゼーションに行ってみました。カウンセリングがなかったので。

 いってみたら、そこは骨格矯正をメインにしたマッサージでした。

 ☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ

 残念ながら、骨格矯正は受けられなかったので、代わりにマッサージをお願いしました。よく考えたら、施術の力量も分からないのにいきなり骨格矯正は危ない危ない。整骨って、施術間違うと逆に悪化しておかしくなるからね。

 で、担当が女の人で正直

 (;´∀`)アチャー

と思ったんですね。女の人って力がどうしても弱いから効かないことが多いので。

 女性に「もっと強くやってください」と言うのも気が引けて、ちょっと痛いぐらいの強さでやってもらったんですが・・・

面白いぐらいツボにはめて来る

んですよ!!うまいんです。こちらが言った箇所だけでなく、「肩甲骨の辺りが固いので、腕回りもやっておきますね~。そうすると肩も楽になりますから」と腕も揉んでくれる。近所の某マッサージ屋とは大違い(言ったとこしか揉みやがらん)。

 マッサージが終わったら、

思った以上に楽!!!

でした。マッサージって力の強さじゃないんだね~、やっぱり。ちゃんとした体に対する知識と、手のひらなどから伝わる筋肉の硬さなどの情報をいかに得るかですね。

 男性はわりと微妙にツボを外すんですが、手のひらが敏感じゃないんでしょうね。知識だけで押すから外れるは痛いわ。盲目の方の職業として、按摩が昔からあった理由もその辺にあるのかもしれません。目が見えない分、見える人より触って筋肉の状況を読むことに卓越しているわけですから。

 そんなわけで、ちょっと通ってみようかな~と思っています。