謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

ブラスト! ブロードウェイ・バージョン(8月31日 東京国際ホーラム・ホールC)

 妹と行って参りました。B席は3階席の最後列。

 ホールCは舞台上部が切れてしまいますけど、結構舞台と客席の距離が近くて演劇やオペラを見るにも最適な感じでした。

 

 さて、ブラスト!

 警視庁音楽隊+カラーガード+鼓隊のアメリカド派手技術魅せます見せますバージョン?と思いました。

 いや、音楽隊は動かないですけど(多分。動けと言えば動くとは思うが・・・警察官だから部隊行動はお手の物だろう)。いっときますが、警視庁音楽隊とMECは舐めたもんじゃありません。プロです。っていうか、「俺は楽器で飯食わせてもらってるから、いい音出して当たり前」と言われたことが・・・。彼らはそれ専属なんだそうです(他の都道府県は知りません)。チャンスがあれば一度どうぞ。地域安全運動期間などに上手くすればタダで観られますので。

 余談はさておき。

 なんですかね、モノを知らないのでよくわからないんですけど、ブラスバンドにフラッグ演技って付き物なんでしょうか?

 と思って調べたら、ブラスト!ってカラーガードをエンターテイメントにしたやつなんですね~。どうりでライフル銃みたいな形の小道具を使ってるんだ。なんか、あれだけが不思議でしょうがなかったんですよ。何でライフル?みたいな。

カラーガード(Wikpedaより)

 私のファーストインプレッションもあながち間違っちゃいなかったのねv(´∀`*v)

 サーベルっぽい小道具もあったもんなぁ・・・。

 

 いや、それにしても演出が最高にかっちょいい!!!

 照明や光る小道具を上手く使って視覚的にアーティスティックな演出が印象的でした。

 もちろん、ブラスバンドの隊形変化の格好良さもよかったです。

 そして何よりも、スネアドラムの石川さんと外国人のお兄ちゃん(ごめん、名前わかりません)の妙技が凄い!!!!

 どうやったらあんなにバチを細かく動かせるんですかー!!!

 どうやったら、あんなにクルクルとバチを回せるんですかーっ!!!

 っていうか、ドラムで決闘って!!

 いやあ、本当にエエモン見せてもらいました。あんなの今まで観たことないです。1度観た方がいいっすよ~。

 

 まあ、そんなわけで視覚的には良かったんですが、聴覚的には・・・

 や、ソロでトランペットとか吹いてる方の演奏とか出している音は良いと思うんですけど、渾身の演奏すると音の調和がおかしく聞こえてガチャガチャになってる印象がありました。聴かせる系の演奏はかなり良かったです。

 管楽器や打楽器は楽器そのものが結構大きな音が出るので、集音マイクと生音が上手くマッチして聞こえなかったのかな・・・。幕の奥でも響いている感じがしたので、舞台上に見えていない人達が幕の後ろにある動けない楽器ブース(笑)で演奏しているのをマイクで拾ってると思うんですが。

 そのへん、プロじゃないんでよくわからないですが、前に渋谷のBUNKAMURAでやったのを聴いたことのある妹も「前はもっと音が良かったんだけど」と首を捻ってました。

 

 あと、アメリカ人ブラヴォー!!!と思ったのは

堂々と振りパクをしていること

Σ ゚д゚≡(   ノ)ノ エッ?

 こんな激しい動きしながら管楽器なんて演奏できねぇだろ!!!と言うぐらい激しい動きの時にオペラで見たら、指を一切動かしていませんでした。もちろん、全部の場面じゃありませんよ。一部です。

 そういや、ジャネット・ジャクソンもHEY!HEY!HEY!に出演したときに、ヘッドセットをつけてるにもかかわらず、全く口を動かしていなかったことありましたからね。

こんなに動いているのに歌える(演奏できる)わけ無いでしょ

と言う、潔さ。素晴らしいです。変に口動かしたりおざなりに指動かされるよりわかりやすくて親切かもしれません。ああ、録音なのねと納得して聴けますから。(ブラストは後ろで演奏してるのかな?)

 日本人もその潔さを見習っていただきたいw

 

 海外からの来日公演であることを考慮すれば、まあ、値段的にもまずまず・・・かな?

 暇とお金に余裕があれば1度見てみてはいかがでしょうか?

 無理してまで行くこたぁないっす。