謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

カフェブレイクのあひちゃん♪

 昨日のカフェブレイクのゲストがあひちゃんでした~

 暗いニュースが世の中を埋め尽くしている中、心のオアシスでした。

 相変わらずお美しくかわいらしくていらっしゃる

 黒の七分袖ジャケットにボーダー柄のシャツとジーンズ、アクセサリーにクロスペンダントといったいでたち。

 話の内容は、大半が今公演中のミーアンドマイガールのお話。そして、今度やるグレート・ギャッツビーのお話もされてました。

 やっぱりというか、ジェラルドは難しくて日々研究中だとか。アサコさんも「ジェラルドは難しいよね」とおっしゃってたそうで。

 (゚Д゚)@謎が思うに、ジェラルドって何のために出てきてるのか分からないのに、やたら出番はあるって感じで、やり過ぎ悪目立ちも出来ない、かといって出番の性質上ある程度のインパクトがないといけない。そこらあたりのバランスがもの凄く取りにくいのかな~?

 それか、ジャッキーは財産を狙ってビルを追い回す役だから、ジェラルドはジャッキー好きさにビルの追い出しに躍起になるかと思いきや・・・そういうシーンがほとんど無い(裏で「出ていって欲しい」というぐらい)。この男は一体この話の何をになってるのか!?って不思議。そのあたりが掴みにくいとか?

 ジャスパー卿やバターズビー夫妻のように殆ど台詞もなければ、そこまで気にしなくて済むんでしょうけど・・・。(しかし、よく考えたら彼らも何でそこにいるのかよくわからんよな)

 ジャッキー・ジェラルド・ジャスパー・バターズビー夫妻って、元々本来はイギリス貴族の風刺で、ジェラルドの初めのあの短パン・ハイソックス姿って「この青年は遊んでばっかりなのさ~」というバカ坊ちゃんの象徴なんだろうなぁ、と。

 なので、おもいっきり愚鈍に演じる(それはもう、家定@堺雅人もしくは北条高時片岡鶴太郎のバカっぷりクラス)のが正解なのかもしれないけど、それじゃ宝塚のハッピーミュージカルとしての芝居との釣り合いが取れなくなっちゃうしね。悪い人がいないハッピーミュージカルにはそぐわない。

 だから、あひちゃんの可愛いお馬鹿さんぐらいがバランス的には一番いいと思うんですけどね。後は技量的な問題が・・・orz

 なんつうか・・・千秋楽まで思う存分悩んで下さい。って感じですね。

 意地悪で言ってるんじゃなくて、そういうのは後々の糧になるから。

 

 ギャッツビーは思い入れが凄いあるのがよく伝わってきました

 1回でもいいから見に行けるといいな。

 

 そんなわけで、久しぶりにホンワカあひちゃんを見られて楽しかったです♪心のオアシスや~~~