謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

引き際散り際去り際の美学

 元内閣総理大臣小泉純一郎氏が衆議院議員を今期いっぱいで引退するそうで。すっかり麻生閣下の総理大臣就任ニュースが霞んでしまいましたな。

 それにしてもまあ、まだまだ活躍できるのに引退とは、格好良すぎですな。普通は身体が悪くなってから引退する人が多いのでは?

「元総理大臣の肩書きを持っていれば、衆議院議員でなくても政界で活躍できる」

と言うのは、確かにその通りだと思います。自由人ぽいから、議員のしがらみが嫌になってきたのかな?

 ただ、地盤は次男に継がせるって事で、ここに批判が集中していますが、じゃあ、逆に「適当な2番手が他にいるのか?」と聞きたい。テレビのコメンテーターが具体的な名前を挙げているのを聞いたことがありません。

 むしろ、若い青年の次男だからこそ、推したのかな?とも思います。息子が年食ったオッサンだったら、別の若い青年政治家を選んだのではないかと。小泉さんを買いかぶりすぎかしら?英語も堪能そうだし、いいんじゃないの?

 そういや、麻生閣下が地盤を次男が継ぐと聞いて、「お父さんと違って彼は普通の人だよ」と言ったのには笑いました。別に普通の人が政治しても良いじゃないのさw

 まあ、閣下も普通とは言い難いけどねw

 なんでこの時期に発表するんだ?と言う意見もあるそうで。

 華麗なる意趣返しかも知れませんな。解散総選挙郵政民営化の信を問うて勝った人だけに、小泉さんの反勢力である閣下に「とっとと解散して国民の信を問うてみな」、という。

 

 しかし、小泉さんがいなくなると政治がまたひとつ面白くなくなるなぁ~

 中山国交大臣は、なかなかあっぱれ。確かに公然と言ってはならない事を大臣として言ったから辞任は仕方がない。

 しかし、「自分がそうと信じているから言った」発言を撤回しないのが素敵だ。なかなか芯が通ってらっしゃる。失言がなければよかったのになぁ。

 人間、引き際が感じよのう。