謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

むかつくニュース

 週末は今週を振り返る系の報道番組があります。それで今週あったニュースに

「道路用地になっている保育園の畑を大阪府が強制代執行」

と言うのがありまして、

「あと2週間で芋掘りをするんです!それまで待って下さい!」

と叫ぶ親御たち、畑を荒らされて泣き出す子供達、という映像があったんですね。

 これ、強制代執行された日のニュースでも見たんですけど、腹立ちますね。何に腹が立つって、

争いの場に子供を連れてくる大人のエゴ

何が何でも代行執行されるのが分かっているのに、2週間芋掘りを繰り上げないエゴ

ですね。その道路を造るのがいいか悪いかはこの際別問題にします。それは代執行前に話し合われることなので。

 子供のことを考えればね、そんな酷いことをよくやったな、と思いますよ。大阪府のおじさん達が来る前に芋掘りをして、いい思い出を作って、親たちは親たちで当日座り込みするなり人垣作って妨害するなりすればいいじゃないですか。

 子供達には、立ち入り禁止になって大事に育てた野菜達が無くなってしまった悲しさで十分でしょう。それ以上のショックを与える必要があるんでしょうか?畑が無くなっちゃっただけでもかなりのショックなのに、大人の争う場面などというそれだけで子供にストレスのかかる場所へ同行させるのは、子供を盾に執行を止めようという親のエゴでしかないと思う。

 芋掘りの繰り上げは最初は、「2週間しないと芋が発育しないのかな?」と思ってたんですけど、しっかり映像に丸々と太ったサツマイモが映っておりましたよ・・・・。十分芋掘りできるじゃん。

 10日前に通知されて保育園の行事予定を変えられない、とか言ってたみたいだけど、急に決まった代執行に反対する親たちを集められるんだったら予定変更も可能なように見えるけどね。

 

 保育園に畑があることは子供成育にとてもいいことだから、どうしても守りたい気持ちも分からないワケではないけれど、本当に「子供のため」に用地買収に反対であるなら、どうにもならなくなったときに、どうすることが子供のためなのか分かると思うけどね。

 ああいう場に居合わせさせるのは、中学生ぐらいの方がいいんじゃないかなぁ。中学生ぐらいになれば社会のことが分かってくるし、目の前で起こっていることに対する理解も出来ると思うから。保育園児じゃいくら何でもショックしか受けないよ~。

 大人のエゴで子供を振り回すのは、見ていて気持ちのいいもんじゃありませんね。