読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

252 生存者あり

映画・テレビ

 消防好きを公言しているのに、この映画を見ない手はないでしょ!

 ということで、同じくレスキュー好きの妹と見に行って参りました。前売り買ってきてくれたんだ、妹が[E:heart01]

 ただね~、レスキュー物って下手に知識があると「んなわけねぇだろ」って場面が多すぎて興がそがれることが多いんですよ。

 なので、半分ぐらいは「面白そう」と思うところから割り引いてちょっと、期待するぐらいの状態にして見に行きました。

 そして、冒頭から火災現状へ面体付けずに階段を駆け上がるレスキュー(笑)

 あーやっぱり、とここで白けた物の、その後の巨大台風発生のメカニズムの説明パートで感心する。

 ある日突然、台風が発生しました!巨大台風です!わードッカン!!

 ではないんですよ。キチンと巨大台風発生メカニズムを用意してある。何だかその辺リアリティがあります。実際、気象オタクにしたら「んなワケねぇ」かもしれませんが、素人は納得の理由です。

 そして、パニックに陥る駅構内。立て続けに起きる災害に対応できず次々死んでゆく人達・・・。

 まじ、怖くて泣きましたよ(本気)

 以下ネタバレ含むのでお気を付けて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 リアルすぎるよ!!あれは!!

 本当に死体がゴロゴロ状態。

 あんなパニックが起こったら、絶対こうなるよ、と真に迫った映像でした。

 いや、このパニック映像は一見の価値はあると思いましたね。あんな状態になったら混乱押さえるのはまず無理だなぁ。

 

 笑えたのは、大津波が来るところのシーンでフジテレビ社屋が映っていて、ご丁寧に球が外れて浮かんでいたこと。

 この映画は日本テレビ開局55周年記念事業なのにいいのか?ww

 

 そして、何より篠原隊長(内野聖陽)が渋くて格好いい!!

 篠原弟(伊藤英明)と共に以前は同じ部隊にいて、兄弟で隊長・副隊長だった、と言う設定。これは「ありえねー」と多分思うんですが(そこまで詳しくないが、普通は同じ隊に肉親は入れないのでは?)、そんなことを吹っ飛ばすぐらい、メガトラを手に命令する隊長が激格好良かったっす。

 ああ~ん、黒崎たいちょ~~~(内輪受け)

 隊員もみんな「臨港レスキュー!?」(内輪受け)ってぐらい熱い隊員だったし!!

 レスキューパート萌えでした。

 でも、神田はいなかったよ!>友人様

 

 そして、特筆すべきは祐司(伊藤英明)の娘・しおり役の大森絢音ちゃん。

 凄い演技が上手くて、子供には酷な演技だろうパニック状態下の地下鉄でのシーンも、迫真の演技でした。そして、笑顔がキュートで生存者の気持ちを癒してくれるんですよ~。もう、ほんと、超可愛い!!

 今回は子供にかなり泣かされましたね。

 しかし・・・死んじまった同僚隊員の役をやってたの誰だろう・・・。もの凄いインパクトのある役者さんでした。一度見たら忘れられないんですよ。

 

 それにしても・・・岩盤崩落の危険があるのに発破かけるなよ、と思ったのは素人考えか?w

 

  結構、突っ込みどころはあっちこっちあるんですが、見終わった後は「結構良かったじゃん」と思える映画でした。

 この映画は大画面で見るべきですね!!

 そうじゃなきゃ迫力がありませんから。

 なんにせよ、なんだかんだ言って満足した映画でした。

 ラストがちょっとお笑いだけどな!!(爆)