読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

努力する人々

 本屋でたまたま見かけた一条ゆかり氏の自叙伝を読む。

恋愛少女漫画家 恋愛少女漫画家

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 氏は今年デビュー40周年。40年もの間少女漫画界の第一線で活躍されている方だ。

 そして、友人から送られてきた本を読む。

安蘭けいstage historyー夢への軌跡ー 安蘭けいstage historyー夢への軌跡ー

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 おお!我がブログに安蘭けい氏の写真が載るとは!

(あ、アフィリエイトなので肖像権とかクリアしてます)

 宝塚ファンなら知っている、溢れる才能を持ちながらなかなかトップになれなかった苦労の人だ。そして、トップの座を手に入れてその才能を遺憾なく発揮して輝いている人でもある。

 

 この2冊を読んで思ったのは、

「頂点を極めるには溢れんばかりの才能だけでは極められない。常に自分の立ち位置と自分の置かれた状況を把握し、足りない物があればがむしゃらに努力する事で極めることが出来るのだ。」

ということ。

 そう、才能だけではダメなのだ。

 一条ゆかり氏は自らその凄まじいマンガへの執着(言い換えれば努力)を語っている。安蘭けい氏については、演出家がそれぞれ氏の努力について触れている。

 両氏どちらもそれぞれの世界で唯一無二の存在だ。

 そして、そのどちらも才能を持ち、努力してきた人だ。

 

 この両方を読んで、「頑張らなきゃな」と思った。今の職場で必要な才能があるかどうかは分からないけど。

 ちょっと、頭を整理して、今の自分に必要な努力は何かを把握して、努力しなくては。

 そう、元気づけてくれた2冊だった。