読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

すちゃらか英語学習

学問・資格

 英語勉強するぞ~!!

 そう言いだしてから、色んな学習法に手を出し、途中仕事で全く英語学習を辞めたりしながら現在に至るわけです。

 何しろ中学英語もままならない英語力からの出発というレベル。

 まず、何か目標があると良いんじゃないかと思ってTOEICに的を絞った学習法を探してみたら、失敗。

 ええ、TOEICってのは英語力がかなりある人が受けるシロモノなので、中学程度の英語は出来て当たり前なんです。だから、自分のレベルに合わない。

 それに、単語力を伸ばすためにTOEIC試験対策の単語帳を買ったことがあるのですが、ビジネス英語に重きを置いているので、普通の日常会話としての英語を学ぶのには若干不向きのように思いました。

 まあ、遠い夢としていつかTOEICが受けられると良いな、とか思います。思うだけはタダだ。

 

 さて、次に簡単な英文法の参考書で勉強しました。

 これは役に立ちましたね。やはり、ある程度の基礎的な文法を知らないと語学は理解できないです。確かに、単語を並べるだけでコミュニケーションは取れるかもしれませんが、それでは相手の言っていることが理解できないままになってしまいますよね。

 もっとも、勉強しましたが半分ぐらい忘れました・・・(ダメジャン!!)

 おすすめは、基本だけに絞った薄い参考書を探すことでしょうか。

 分厚い問題集買いましたが、途中で挫折して投げ出してしまいましたのことよ(笑)

 

 あとは・・・やはり単語力をつけるためにニンテンドーDSの「えいご漬け」とかやってみたりしましたね。

 こちらも挫折してますが、機会を見て再開しようと思っています。

 

 それから、英語の参考書は何冊か読んだかな。全く覚えられないんだけどね。

 

 そんなこんなで、挫折したり覚えられなかったりを繰り返してきて

「何やっても英語力が上がらない、続かない」

と思ってガックリしていたのですが・・・最近ピンズラーアメリカ英語(母に騙されて送ってもらった教材)をやり出してから無駄じゃない事が分かりました。

 この教材、ある程度の英語力がないとついて行けない感じの教材なんですね。

 何より、発音について「R」「L」「th」の発音の仕方を説明しないんです。そう言う基礎的なことは知っている前提になっている。

 出てくる単語の綴りを完璧に覚えていなくても、なんとなく「R」だったか「L」だったかぐらいは頭に入っているので悩むことなく発音出来るんです。

 そして、ヒアリングも以前に比べて出来るようになっていました。ネイティブの速度で話されたらキツイのは変わりませんが・・・。

 文法を学んだので、初歩的な英語の語順に苦労することなく馴染めます。

 

 なので、最近思うのは、

「とにかくどんな学習法でも、まずはやってみること」

「続かなくて挫折してもやった分だけは力になっている」

「挫折しても、またやり直せばいいのさ」

「とにかく、続けること」

が大切なんじゃないかなということです。

 まだ、初歩的な日常会話すら出来ない状況ですし、仕事もあるのでなかなか続けられませんが、諦めないで何かしら勉強していこうと思います。

 とりあえず、当分はピンズラーだけやろうと思います。ピンズラー終わったら、挫折した勉強法のどれを再開しようかしら?(笑)