読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

THIS IS IT(映画)

「これはそれ」

 なんのこっちゃ!?

 タイトルを読んだときに真っ先に不思議に思った。

 調べると、

「さあ、いよいよだ!」

と言った意味で使うらしい。けっこう、よく使われるフレーズのよう。

 そのタイトルからして、MJ(マイケル・ジャクソン)の意気込みが感じられる世界ツアー。

 それが、リハーサル映像でしか見られないのが心底残念でならない。

 私にとって、音楽と言えば洋楽であり、MJでもあり、MADONNAでもある。

(もちろん、他の洋楽アーティストや邦楽アーティスト、クラシックも聞きますが。)

 このツアーで使われる楽曲は100%聴いたことのある曲で、よく耳にしていた曲ばかり。

 もう、それだけで泣けた。

 ところで、若干キーが低い気がしたのは気のせいかな。(気のせいだろう)

 とにかく、MJのこだわりとスタッフの情熱のすさまじさに圧倒される。

 そして、厳しいオーディションで選ばれた世界一流のダンサーに引けを取らないどころかリードするMJのダンスがやっぱり凄い。

 分かっちゃいるけど、凄い。

 50歳ですよ、50歳!

 顔は整形でなんとか出来たって肉体は努力でしか保てない。

 マドンナもすげーなーと思ってたけど、MJもとんでもない。

 

 そして、それだけ凄い人でこだわりも一流なら、暴君的な一面があるのかと思えば、非常にソフト。要求を出すときでさえ抑え目の態度。非常におとなしくて・・・儚く脆い印象を受けた。

 もしかしたら、本当はもっと早くに居なくなっちゃってたんじゃないかとさえ、思った。

 

 日本に来たって、チケットが取れたワケじゃないけど。

 だけど、無理だと思ってもこう思わざるをえない。

「このライブが見たかった!!」

 きっと、このツアーは空前の大成功を収めたに違いない。

 もしかしたら、始めのロンドンでは客入りがいまいちかも知れないけれど、回を重ねる事に噂が噂を呼んで大入りになったことだろう。

 しかし、儚く消えた夢の残り香であるリハーサル映像を見ることしか我々はできない。

 MJが少しでも好きなら、この映画は観るべきだ。

 

 ボロ泣きではなかったが、時折涙がこぼれて仕方がなかった。

 いつだって、調子を上げたいときはMJの曲だった。ふと、聴きたくなるのがMJだ。

 本当に惜しい人を亡くしたと思う。

 きっとこれからも、私はMJの曲を聴くだろう。