謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

LOVEだね

 「THIS IS IT」のDISK2を見てます。

 これは全編、ダンサー、バンド、シンガーといったツアーを支えるアーティストの紹介ですね。

 しかも、ひとりひとりを取り上げて自分の背景なんかを語ったり、MJのことを語ったりしています。バックの人達をここまで丁寧に取り上げる事ってライブDVDでは普通なのかしら?

 なにしろ、あのマイケル・ジャクソンのツアーを支える人達だ。とうぜん、世界一流のアーティストなワケだ。興味が湧かないわけがない。

 面白かったのが、ダンサー達が初めてMJと一緒に踊るときに、すっかり観客になってしまってMJをジーッと見つめてしまったお話し。そりゃー、憧れの人のダンスが至近距離で行われていたら思わず見ちゃうよね。しかも、人の注目を集めるからこそのスターなわけだし。

 またダンサーの話になっちゃうけど、子供の頃に親が生活保護を受けていて、そう言う苦しい環境下で苦労しながらダンスを学んで一流のダンサーになった人がいましたね。その人に、MJがダンスを諦めなかったことを讃えたと言うお話しもホロリときました。

 なんというか、自分を支えてくれる人達のことを気にかけている人だったんだなぁ、と思ってね。マイケルって「愛」をよく口にする人だけど、そのエピソードは彼の「愛」を感じました。

 うん、何かよくわかんないけど、愛のあふれている現場だったんだなぁ~と言うことは、全編を通して伝わってきました。

 ツアーが始まれば、名実共に素晴らしいアーティストとして名を更に上げることになったであろうことは自明の理なわけだけど・・・惜しむらくは実現しなかったことだ。

 しかも、もっとも不幸な形で中止になってしまったわけで。

 改めて、失った物の大きさを実感するDVDでした。

 

 しかしまあ、実現したところで生を見られ無かったでしょうけどね。

 

 さて、見終わった後は・・・いつかインタビューとかを字幕無しで理解できるようになりたいなぁ、なんて思います。

 なんとなく、字幕の訳にない単語が聞こえてくるんですよね。字幕って字数制限があるから、要約されていることが多いですからね。ちゃんとした意味を知りたいなぁって。

 アナウンサーとかの言葉じゃないので聞き取りづらいかも知れませんけどね。

 ほんと、英語が出来る人が羨ましいですわ。

 

 そんなかんじで、二日かけて「THIS IS IT」見終わりました。

 本編はきっと何度も見ちゃうかな。