謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

万年筆!

 夢の1つに、「素敵な万年筆を一本持つ」と言うのがあった。

 そして、就職したときに研修でデスクペンという500円くらいの万年筆を買わされ、書類はすべてそれで書かせるという前代的な教育をされたため、会社のデスクにはそのデスクペンのカートリッジインクが10年近く眠っていたりしたのだ。

 いい加減、それを使いたいと思いお金もそこそこ稼ぐようになったし、病気も一段落ついたし、ということで眠っているカートリッジインクの使える万年筆を1本買おうと思ったわけです。

 それで、万年筆大好きな課長補佐にその話をしたら父から譲り受けたインク吸入式のモンブランの説明が小一時間(笑)

 ええっと、私が求めているのはカートリッジ式なんです。ってことで終了。ところがこの出会いが計算違いな行動を起こす原因とあるのであったw

 てことで、自分の財力でそこそこ買えそうな万年筆ということで選んだのがこちら。

【30%OFF】【送料無料】プラチナ #3776 セルロイド万年筆 ミッドナイトオーシャン(#50)  【smtb-k】【ky】 【30%OFF】【送料無料】プラチナ #3776 セルロイド万年筆 ミッドナイトオーシャン(#50)  【smtb-k】【ky】

販売元:オフィスワン北浜店
楽天市場で詳細を確認する

他のセルロイドはあまり柄が好きになれず、この深い青に惹かれて買いました。

 実際に来たのがこちら。家の照明が壊れたままなのでカメラのフラッシュで微妙な感じになってますが、思った通りの深い色合いでいい感じです。

 あと、手触りがセルロイドと言うこともあってか柔らかいですね。

 肝心の書き味ですが、若干の抵抗を感じます。抵抗感がないペンが苦手な方には向いていると思いますね。

110601_195811.jpg

 後、縦書きにしても横書きにしても書く感触がそんなに変わらないので、日本語や中国語と言った言語を書くのに向いています。

 ただ、万年筆というのは毛筆と同じ感じかなぁと。崩し字を書くのに適しているんですね。ボールペンや鉛筆のような感覚では書けないです。ボールペンでなれていると書きにくいかもしれませんね。

 ペンポイントは細字を選んだんですが、思ったより太いです。

 万年筆らしい重厚感がたまらない感じです。

 

 さて、メカニカル好きの(゚Д゚)@謎。

 課長補佐が見せてくれた吸入式の万年筆も気になって仕方がない。

 ちょっと欲しい吸入式・・・。インクを吸わせてみたい。ちゅっーっと吸わせてみたい。

 そんな、メカニカル好きの心をくすぐる商品があった。

 それは万年筆好きが言うところの「ペリスケ」

 ペリカンという万年筆メーカの出しているスケルトンタイプの吸入式万年筆のことである。その名も「デモンストレーター」。

■■【送料無料】Pelikan ペリカン / デモンストレーター ブルー 万年筆 + ボトルインクセット / M205 + 4001/76【smtb-k】【w3】 ■■【送料無料】Pelikan ペリカン / デモンストレーター ブルー 万年筆 + ボトルインクセット / M205 + 4001/76【smtb-k】【w3】

販売元:インポートブランドSHOP Caro-Caro
楽天市場で詳細を確認する

 インクセットの物を買いました。このタイプ、人気商品だからかなんなのか中古品も新品も似たような値段だったり、新品でも値段に差がありますので購入時は気をつけて下さい。あと、インクセット商品でも「3本セット!」とあっても違う色3本だったりするので要注意です。(色変える時って綺麗に水洗いしなといけないからめんどくさいと思うぞ)

110601_194709.jpg
 インクは別にして来ましたが、一応箱にはめてみましたw

 こんな感じのセットになるようです。プレゼント包装を頼めばこういった状態で来るのではないかと思われます。

 こちらはプラスチックということで、手触りがセルロイドに比べると固いです。ボールペンを握っている感触と変わりません。

 ただ、ペン先がプラチナ万年筆に比べて柔らかくなめらかです。

 横に書くときはなめらかですが、縦書きは引っかかる感じがします。海外メーカーだけあって、ローマ字の筆記体を書くと素晴らしい書き味を発揮します。

 インクをターコイズにしましたが、綺麗ないい色です。仕事などに使わず、手紙書きや趣味に使う分にはお薦めの色ですね。

 

 プラチナ万年筆を普段使い(会社に持っていく)、ペリカンを趣味に(家に置いておく)と思っていたのですが、どちらも持ち歩きたくなるような愛おしさ。

 せっかく買ったので、愛用したいと思います。