謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

整体、カイロの店選び

 書いた内容が飛んだので途中からですが、挙げと来ます。

(大汗)(大汗)(大汗)(大汗)
 
 さて、じゃあどう選べばいいのよって話ですが、一番簡単なのは
 
口コミ
 
ですね。
 
 整体・カイロは骨の歪みをとるわけですが、そのとき捻ったり捻ったりするわけです。適度に力を加えるから元に戻る。加えすぎるとどうなるか。
 
捻挫します。
 
 施術院に行って具合がさらに悪化する人が多い所や、病院行きにする施術院は論外です。
 
 ちなみに、一時期かかってた先生が実はそういう人だと別の先生に聞いてびっくりしたことがあります。(゚Д゚)@謎は、結構な力で施術しないときかないぽいので、その人でちょうどだったんですが、他の人はオバーパワーでヤバいことになった人もいるらしいとか。
 
結構、怪我と治癒は紙一重の世界です。
 
 まあ、鬱病(正確には躁鬱)で飲んでるリーマスなんかは、治療できる薬の用量が中毒症状を出すぎりぎりらしいので、体を治す何かはそういうものかもしれません。
 
 その、紙一重を見抜くのがプロフェッショナルの人たちなんでしょうね。
 
 藪医者を見抜くように、我々も藪施術師を見抜かねばならない・・・難しい・・・。
 
 そして、ショートプランのお試しコースみたいなもので試すのがよろしいかと。もっといえば、背骨や頸椎に触らせないために、マッサージコースがあれば、そちらを選んで揉みほぐしの技術や店の感じなどチェックを入れる手があります。
 
 じゃあ、どういう所が安心して通えるか。
 
 施術技術はやってもらって確かめるしか方法はないのですが、その他にもこういう点に気をつけると言いと思います。
 
 まず、施術前にきちんと状態をみて、大まかな治療プランを説明してくれるところがベスト。
 
 ここで肝心なのは、

「一回では治らない」
 
と言うことをきちんと説明した上で、長期的にはどうなるかをしっかり説明してくれる所が一番です。
 
 昔通っていたAと言う店も今行ってるリップルも、保険の利かない所ですがこの点はきちんとしています。だいたい「はじめは定期的に、痛みが和らいだら間隔をあけて」というのが普通みたいです。
 
 痛みが小さくなったからと言って、その痛みを我慢し続けたらどうなるか。
 
「元の木阿弥」
 
になります。そうなると、せっかく間隔をあけられるようになっても、また詰めて通う羽目になります。
 
 そう言う説明もきちんとしてくれるところは信頼できます。初回に時間をかけて状況を質問し、施術について丁寧に説明をしてくれるところを選ぶ方が良いと思います。
 
 悪い施術院や店は、何の説明もなしに施術して、はい終わり、なところ。まず、止めた方がいい。
 
 施術院は来てもらってナンボ、リピーターがいたほうが儲かります。だから、基本的にフルパワーで施術はしません。どっか手を抜くと思ってもいい。そう、良いところはそのシガラミをかいくぐり、リピートの間隔を長くしてくれるところなのです。
 
 腕のいい人は、お客さんが治っちゃっても口コミで次の人が来てくれるから、あんまりセコセコしないっぽいですね。
 
 なので、良い所ほどアフターケアの仕方を教えてくれます。ストレッチの仕方や、ふだんの生活で気をつけることなど。そういうことをしてくれると、よりリピート間隔を空けられるので助かります。
 
(゚Д゚)@謎はやりませんけどね←
 
やらない上に間隔あけるから、元の木阿弥を何度もやらかすのだ。わはは(かもネギ)
 
 局部的に利くストレッチは先生に聞いて、全体的なストレッチは元運動部員に聞くと良いです。運動するときは必ずストレッチしますから。全体をほぐすのも大事です。
 
(゚Д゚)@謎は柔道やってたけど、ふだんストレッチしません←
 
こう言うのを宝の持ち腐れといいます。
 
 そして、なにより先生と性格が合うかどうか。
 
 え?と思うかもしれませんが、技術が良くても人柄が悪いと通いにくいものです。
 
 体の歪みをとるのは長期戦。
 
 取ってもメンテナンスは必要。
 
 そう考えると、性格の合う先生を選ぶのが長く通う秘訣ですね。
 
 
 良い施術院を探すポイントまとめ
 
1.口コミ
2.ショートコースで店の雰囲気などチェック
3.話を良く聞いてくれる、説明をきちんとしてくれる
4.相性がいい先生
 
 
 
 そんなわけで、参考になりましたら幸いです。
 
 なお、この記事は(゚Д゚)@謎の主観と経験に基づいて書いておりますので、世の中には別の意見や考え方もありますことを付け加えさせていただきます。
 
 情報の、なにが良いかどれを採用するのかは、あなた自身です。
 
 この記事を鵜呑みにされないよう、ご注意願います。