謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

住宅買ってみた1(資金編)

 なんでもそうだが、やはり何か大きな買い物をしようと思ったら、まず予算を決めなきゃいけない。
 
 そんなわけで、やはり住宅も予算を算出することから始まると思う。
 
 これが結構、重要。
 
 ただ、「欲しいな」と、漠然と考えている頃は楽天的な試算をしていることが多いんじゃないかな。私も、とりあえず借りられる住宅ローンの上限額しか気にしていなかった。
 
 ところが。

   当たり前な話なんだが、借りられる額と月々返せる額はイコールではないのだ。ががーん。
 
 そう、一戸建てなら気にしなくてもいいのだが、マンションの場合は月々管理費修繕費等がかかる。ここいらは買いたいだいたいの値段のマンションの広告なんかをみると概ねの値段が出るので是非チェックしておきたい。その値段も返済額にプラスして月々払えるか考えなくてはいけないのだ。
 
 
 そんなわけで、自ずと借りられるローンの額は決まってくる。ここに車のローンとかあると借りれない場合だってある。病気をしていれば、普通の住宅ローンは借りられない。住宅ローンが借りれなければ、現金購入しか道はない。
 
 こういうあたりは、とりあえず近くの銀行のローン相談会に行ってみるとかすると良いかと。金利に差はあるものの、大まかな目安だけ掴めばよいので。
 
 実際にマンションギャラリーで提携ローンで試算してもらうともっと借りられるわ、ってこともあるけど、3000万予算が4000万、5000万に変わるほどの差はまずないからね。
 
 さて、ここらあたりで、(゚Д゚)@謎は自分の自己資金のなさにorzした。全く自己資金ゼロだととても住宅なんて買えない額しか借りれなかったのだ。いや、フルでローンを組めば買えるが、月々の返済が火の車だ。
 
 えー、自己資金、すっげー大事です。
 
 んなわけで、自己資金+借り入れるローン額ー諸費用=住宅購入予算額になるわけですな。諸費用ってのは購入に当たって必要な経費。これが結構痛い。諸費用は意外と盲点です。諸費用の目安は、ネットとかに出ているので概ねをチェック。
 
 結構、この諸費用を見落としがちなんですよね。販売価格3000万なら多く見積もって150万は必要。結構きついっしょ?
 
 ちなみに(゚Д゚)@謎は、親と同居のための家探しだったので、自己資金は親持ちという情けない結果になりました。
 
 ああ、親の住む家ぐらい負担かけずにババーンと買いたかったよ。
 
 さて、自己資金が親持ちの方も多いでしょうが、親名義にしない場合は相続税が発生します。相続税のかからない方法もあるけど気が遠くなるか、脱税なので捕まるという・・・。そのへんもきちんと調べてどのような方法で贈与を受けるか考えなくてはいけません。
 
 そんなこんなで概ねの予算が見えたら、次のステップへ!