謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

デブの運動で危険なこと

 デブからスリムへ大変身を夢見て運動をするお嬢様方は多いでしょうけれど、

標準体重+10kgを超えるデブ

は注意が必要。まあ、10kgってのは私が適当に言ってる数値ですが、要するには自他ともに認める「デブ領域圏内」の方が対象だと思ってください。ああ、「ぽっちゃり」といい方に表現して、無理やり脳内錯覚を起こさないと精神的に耐えられないそこのあなたですよ。

と言うのも、小錦体型の私が実感したことから思ったことなんですが、

デブの敵は重力

です。そう、あなたは大なり小なり米俵を担いで歩いているわけです。

標準体重前後で「太っちゃった~」なんてふざけたことを抜かす愚か者どもと同じ運動をしたら

死にます

 はい。10kg20kgを担いで運動してるんですよ。普通体重の人より心臓への負荷が半端ないわけで。

 ちなみに、恥を承知でいえば私は体重のみだけで考えると40kg落とさないとならない。そう、子供一人分担いで生活している。柔道部だったからそれだけの重さを担いで動く負荷がどれほどのものかよくわかる。

 高校時代なら、それでも走るぐらいはできただろう。運動してたから。

 が、運動しなくなった肺活と筋力でランニングしたら・・・・

俺・・・死ぬ

 ちなみに、階段を3階まで毎日上がろうとか思ったことがありますが、やめました。まずは1階分から始めないと心臓壊します。

 くれぐれもいいます。

 女性誌で「太った」と称してダイエットのための運動が載ってますが、重力が負荷になる運動(ランニング、ウォーキング、腕立て、スクワットなど)はデブ領域の人間には向きません。体壊します。

 さて、ではどうするか。

1 体重を落とす

2 重力のかからない運動をする

3 諦めて苦労する

まあ、このいずれかなわけで。

 食事療法で体重をある程度落としてから運動をする。実はこれが王道っぽいですね。

 んで、2ですが、要はジムに通うかストレッチや重力がまともにかからないように考えられた部分的な筋トレなどで行う手があるわけです。

 ジムだと、エアロバイクがおすすめ。膝を体重で痛める危険がありません。間違ってもランニングマシーンを使わないように。あとは、部分的な筋肉を鍛えるマシーンは自分の決めた負荷しか筋肉に掛けないので、そういったものを利用すると。

 そんなわけで、アタイ、今からジムに行くわ!!