謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

Newsies (Nederlander Theatere in NYC)

 ブロードウェイ観劇二本目は、日本未上陸の「ニュージーズ」。

 欲張り(゚Д゚)@謎は、せっかくニューヨーク行くんだから日本で見られない物を見たいと思い、探しました。

 ブロードウェイ見たさにニューヨークに行く人もいるので、ネットで探せば最新の情報が日本語で探せます。

 わたしは、

あっとニューヨーク

のページで探しました。こちらの代理店では、ニューヨークの各種チケットの手配やエンパイア・ロックフェラーの割引チケットの現地販売などやっているので、今回は利用しませんでしたが自力でチケット購入の必要がある場合は利用しようと思っています。

 で、ここのページだと予告とか宣伝の動画が見られたので、それを片っ端から見てピピピッと来たものにしました。

 基本的に英語がわからないのであれば、ダンスが凄いものを選ぶと退屈しないわけだ。宝塚みたいに「何かしらんが衣装がすげぇよ、ビジュアル綺麗だよ」ってのはブロードウェイにはあんまりなさそうなので、まあ、ダンスに目標絞ればよいかと。

 そんなこんなで選んだニュージーズですが、日本向けの情報的にはイマイチ「人気ですよ~」ってのがないので心配だったんですが、友人の友達が悪くなかったよ、と言っていたとのことだったので決定。

 ちなみにシン○レラは大したことないんだそうな。日本じゃ面白いよとどこからか話がでてたので、「え?」と思ったもんです。まあ、日本人の感覚とアメリカ人の感覚はちがうからそういうことは起きても不思議ではないですが、演目選びには動画を視聴することをお勧めします。自分の感性で選んでください。

 そんなわけで、あっとニューヨークのランキングでも中間ぐらいだったのでそんなに人がいないのかな~と思っていたら、長蛇の列。

 もっとも、劇場即歩道なつくりなので待つ場所が狭い歩道しかないので、開場するまで歩道で行列するしかないんですねー。そういう意味では日本の劇場は待つ場所が割とあるところが多いのでいいですな~。

 さて、ニュージーズの話は、実話を元にしています。

゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

 1899年のニューヨーク。

 貧しい少年たちは新聞配達・新聞売りをして生計を立てていた。彼らのことを「News Boys」略して「Newsies」と呼ぶ。

 主人公ジャックの夢はお金をためてニューヨークを出ること。みんなニューヨークに憧れてやってくるというのに。そのあたりで当時の少年たちの生活の過酷さがうかがい知れる。そんな彼らだが、元気いっぱい一生懸命新聞を売って回っていた。そんなある日、新聞社が新聞の卸売価格を上げると言い出したのだ。

 ニュージーズは、新聞を買い取りして売っている。だから新聞卸売価格が上がると自分たちの稼ぎが少なくなってしまうのだ。ただでさえ苦しい生活。これでは生活できなくなる。

 普段は仲の悪い地区のニュージーズたちも団結してストライキを起こすのだが!?

゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

 とまあ、こんな感じの話が主軸になって主人公とヒロイン(女性新聞記者。ストライキを取材して記事にしてくれる)のラブロマンスがあったりとか、ニューヨークの人たちの後押しとか(彼らに賛同してたように思ったが・・・ちがったか?)あったりでハッピーエンド的な感じで、まあ、筋としてはありきたりっちゃーありきたり。

 ディズニー系列とあって、子供でも見られる安心設計。たぶん某劇団○季が好んでやりそうな気がする。

 さて、このミュージカルの何が凄いって、

ダンス!ダンス!ダンス!!!

 バレエダンサーたちが舞台所狭しと飛び回るダンスは圧巻。一見の価値あり。

 で、日本でありがちなのはダンスが凄いと歌がダメ。しょぼい。それを回避するため、ダンサーと歌い手を分業してしまう。うんでも、それじゃあミュージカルって言えないし(俺基準)。

 ところが、歌も上手いんである。

 そりゃ、アニーに比べたらさすがに落ちるけど、日本だとたぶん十分トップレベルに残れるぐらいには上手い。

 本気で歌って踊れるんである。

 歌って踊れる男の子がわんさか舞台にいるんである。

 アメリカ恐るべし・・・。

 ちなみに、うちのオカンは

「舞台セットを役者さんが動かすってすごいね!」

と友人Tさんのような舞台セットに関する感想を述べるのでずっこけそうになりましたが。最近では確かに舞台セットを役者自ら動かす演出は日本でも見られますが、やっぱりブロードウェイをみて勉強した演出家が日本に持ち込んだんでしょうかね?言われてみれば昔は黒子さんとかが動かすのが普通だったかも。

 で、そういう演出なので暗転がなかったな。

 一つ気になったのが、キャストに黒人がいなかったこと。

 アメリカは人種差別をしてはいけないと言う事で、そいうのにはものすごい神経質。たとえば、日本の戦隊モノを日本から輸入したときには、ヒーローたちの生身の部分は現地のキャストで撮り直して人種を白人・黒人・ヒスパニック・アジアなど偏りがないように編集したとか。

 アニーでも子役にはアジアと黒人がいましたし。(お話の当時は黒人はNYいたみたいですが、アジア人はどうなんだろう?)

 なので、アジアンはいたけど黒人がいなくて不思議に思っていたんですが、ツイッターで「オリジナルキャストには黒人いますよ」とのことでした。

 まあ、そんだけ神経質になってるにもかかわらず、思いっきり人種差別あるんだけどねアメリカ(黒笑)

 白人・黒人・ヒスパニック・アジアン(特に中国・韓国)の順にランクが下がるので、長くアメリカに住んでると日本人は嫌な思いをすることがあるらしい。はっはっはっは。そんでも「ジャパニーズ」と分かると態度が変わることもあるらしいけどね。(どんだけ嫌われてるの、チャイナとコリア)

 話それた。

 そんなわけで、ニュージーズはとても満足でした。

 んー、でも劇団四○でやっても見ないかな~。どうかな~。若い男の子山盛りで歌もダンスも上手くてウハウハだという評判が出てから見ますwww