謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

大丈夫だ、問題ない。

 私は酸っぱい物が嫌いだ。

 冬の果物売り場は地獄絵巻。柑橘類のオンパレードは何の嫌がらせかと。イチゴなんか一口目がロシアンルーレットな心境。

 だから好きな果物は、柿とかふなっしー…ではなく梨とか、マスクメロン、スイカ、パイナップル、マンゴーといった絶対的に酸っぱさより甘さが勝っているものだ。

 当然、ヨーグルトは嫌いだ。

 食べる時は、絶対に甘いソースやメープルシロップなどを入れる。

 なのに、ある日会社でヨーグルトの種をもらってしまった。

 何でも健康に良いモノを手作りするお嫁様を持つ上司に同僚が

「うっかりヨーグルトの種菌食べちゃったので分けて下さい」

と言ったのが始まり。

 よし、と上司が持ってきたヨーグルトを牛乳に混ぜて持ち帰るわけだが、持ち帰りたい希望者は二名。買ってきた500mlの牛乳パックは三個。

 当然、一個余るわけで……

「(゚Д゚)@謎さん、あげるね」

と有無を言わさぬ女性の先輩の笑顔の前に、断れなかった私。

 試しに食べたら、それ程酸っぱく無かったので増やしてみるかと思ってみた。

 一応、100円均一で売ってたヨーグルト作成用容器など買ったものの……

 何しろ、そもそもヨーグルト嫌いなんである。

 結局、数日放置の後、さっき作ってみた。

 ヨーグルトを開封すると、なんだか納豆みたいな臭いが……。

 ヤバそうなっしー!

 と思いつつも、えい!ままよ!と作った。

 残りを食べたわけだが、一部が酸っぱく、一部はまろやか。

 そんなヨーグルトで大丈夫か?

 そんな問い掛けが頭によぎったが、ここはお約束。

問題ない。

 と自らに答え、完食。

 何しろ、このヨーグルトの種菌は粘りがあるため、粘ってるから腐っている分けでもないので判断がつきにくい。

 起床後の(゚Д゚)@謎のお腹に乞うご期待!!