読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

kindle vs. kobo 多読初心者にはどちらが向いているか対決!!~kindleの逆襲終了~

マイナスからの英語

 洋書多読用に買ったkoboちゃんは英和辞書の無さから、すっかり役立たずになり友人の元へ旅立ちました。

 その背景には、Amazonにおいても英語学習者向け洋書Cambridge English ReadersやOxford Bookworms Libraryのkindle版が充実したことがあります。探しにくさは、PCで探して購入すると選択した端末に入るようになっていることから解消されています。

 洋書を読む、と言ったときにラインナップなどはあまり差がなくなってきているかと。

 そうなると、もう、英和辞書がないことが最大のネックになってしまうkobo。

 と思っていたら、どうやら最新のkoboは英和が搭載された模様。

 ただ、デフォルト設定がいまだに英英なので変更しないといけませんが。

 おお、辞書の差もなくなってしまった!

 あとは筐体(本体)で差をつけるしかない!

 デザインや重さなどは最新のkoboが一番ですね。kindleはやや大きく重いので。

 ときて、うっかりもう一度koboを買いかけましたw

 正直、androidアプリやAppなどのkindleを気に入っているので、ソフトの期待を込めてkindle Paperehiteを購入しました。気に入らなかったら30日以内に返品すれば全額返金してくれるフェアをやっていたので。

 こういうことをやっているということは、おそらく8月、9月、10月あたりで新製品が出るのではないかと思いますので、新しいもの好きの方はそちらを待たれてはいかがでしょうか。

 本体の使い勝手を対決させるには、実際に両方使いこんでみないと何とも言えません。

 koboの不安要素はひたすら英和辞書の引きやすさ具合。この辺、だれか教えてけろりん

 ってことで、新製品出るかもしれないのにkindle買ったおバカさん(゚Д゚)@謎。

 本日来ました。

DSCF2531.jpg

 なんと!あの!Amazonなのに無駄のない梱包です!

 送り状はこの裏側にあるんです。無駄な外箱ございません!

 この箱をカポッと開くと・・・

DSCF2532.jpg

 こんな感じでkindleが入っております。kindleの下に充電用USBケーブルが入っていますが、androidスマートフォンと同じ充電ジャックなので使わずに置いておきます。ちなみに、USBのコンセント自体は別売りになります。でも、余ってるから今回買いませんでした。

 うら側はこんな感じ

DSCF2533.jpg

 昔は、裏は”kindle”の文字だったそうですが、amazonになってました。

 重さ的には、若干重い気もします。でも、持てないほどの重さでもない。

 実は、この重さが購入の動機の一つでもあります。

 今まで、iPad miniスマホkindleをつかってたのですが、iPad miniはどうにも重くて長時間はきつく、スマホは小さくて読みにくい。

 そして第2の理由が、双方バックライトで目を射すので結構疲れるのです。

 最近、仕事でずっとPCを使っているので目薬が手放せなくなってきておりまして、少しでも負担を減らしたいな、と。

 実際、使ってみるとe-inkなのでやはり目の負担が違います。集中して読んでも目がシパシパしません。

 動作も快適とまではいきませんが、ストレスのない程度に早いです。

 英和辞書もさっくり引くことができます。

 表示もきれいですね。

 まあ、漫画とか和書もたくさん読む方は楽天koboの方が和書の割引やポイント、クーポンがいいみたいなので、koboの方がいいかもしれません。

 洋書しか読まない方は、母体がAmazonだけあってkindleの方がいろいろ先も期待できるかな?と。

 余談ですが、電源入れたら自分のアカウント設定がすでに入っていて設定は言語とWi-Fiだけでした。

 小さなことですが、ちょっと感動した。アカウント設定してくれるなんて、親切。

 30日の間に飽きなければそのまま使うつもりです。