謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

沖縄いってきた!(一日目)

 ママンは旅が好きだ。

 よって、旅仲間が多い。

 その旅仲間が旅行券みたいなものを下さった。割引券?詳細はよくわかりませんが、母が遠くに行こうと。

 母子そろって、友人には恵まれているらしい。

 以前ブログにも書いたが北海道にはすでに行っている。

 となったら、一番遠い日本は沖縄!!

 日本のハワイ、沖縄!!

 (゚Д゚)@謎は沖縄に行ったことがなく、母は宮古島とかまわりの島には行ってても本島は行ったことがない。

 と言うことで、今年の旅行は沖縄に決まり!

 

 てなわけで、やってきたぜ沖縄!!

 荷物を取るところで、なんだか獅子チックな人形が・・・。

14063394290.png

 近くにいた子供が

「おかあさん、なまはげ

というので、ああ、なまはげか~と思ってたら、すかさず子供の母が

「あれはシーサー

と訂正。はっ!!そうかここは沖縄なまはげ秋田

 沖縄初上陸で見たシーサーはなまはげでした。

 さて、お昼についたのでお昼ご飯を空港で食べたのですが、沖縄で展開するハンバーガーチェーンA&Wは混んでいたので空いている沖縄そばの店に行ったらハズレ。

 気を取り直して、モノレールで首里城へ。

 首里駅から首里城まではちょっと距離があるので、タクシーで移動。バスもありますが、タクシーもワンメータなので荷物や人がいるときはタクシーでよろしいかと。

 そして、乗ったら遠くへ連れて行こうとするタクシーの運転手wでした。

「せーふぁーうたき、どうですか?すごくいいですよ、すぐそこですよ」

と言ってくるんだが、せーふぁーうたきってのは首里からは45分はかかるところにあります。斎場御嶽と書きます。

 時間はすでに午後3時。

 そこ行って首里城は見られんでしょうよ、運転手。いや、そりゃ夜みれますけどね、首里城。でも、無理したくないから、無いわー。

 そんなわけで、せーふぁーうたき攻撃をかわしながら首里城に到着。

 首里城ってこんなとこです。

 これは、最初にある門で守礼門。ここからして、もう中国文化圏です。

 resizeDSCF2552.jpg

 脇に阿吽のシーサー君がいます。シーサー可愛いです、シーサー。

resizeDSCF2555.jpg 

 こちらが正殿。この右側に日本風家屋、左側が中国風家屋が建っております。

 琉球王朝の王の玉座はこちら。

 中国・・・まじ中国・・・。琉球王朝自体が王として認められるのに中国の王朝から承認うけてましたからなぁ・・・。

 尖閣問題でそのうち沖縄も中国のものだと言い出すぞ、って話がありましたが・・・あながちありえないこともないかもしれないと思いました。

 なんといいますか、琉球王朝時代は中国と日本の板挟み、日本になり、アメリカに占領され、再び日本になるという、思えば周辺諸国からいいように扱われてきた土地だよなぁ、と思うとやりきれませんな。

 とりあえず、もう日本としての制度も言葉も文化もある程度根付いているのだから、沖縄の人たちが独立でも言い出さない限りは余所の国に侵略されないようにするのが、日本国として沖縄に対する義務なんじゃないかと。

 対アジアおよび東南アジア戦略で考えると、沖縄って凄く重要な拠点なんだそうで・・・。

 首里城でそんな危機感に襲われる人間もあまりいないか(苦笑)

 お城を見た後は、友人がおすすめしてくれたTシャツを買いました。

 なんでも、柄は首里城にしかない柄なんだそうです。シーサーとドラゴンの柄を購入。

 その他、紅型のタオルハンカチとかコースターとかなかなかセンスの良い品ぞろえなので、女性はこちらでお土産を選ぶのもよろしいかと。

 そして、琉球舞の演舞があったので一番前に陣取って見てました。

 なんといいますか、日舞にも似たところがあって・・・動きがゆったりしているので・・・・zzZZZZ

 となりそうにw や、舞踊は好きなのでちゃんと見ましたよ。

 なかなか見られる機会が無いと思うので、みられてラッキーでした。

 首里城の後、沖縄在住の母の旅仲間が城まで来てくださり、お茶をしました。

 そこで、沖縄ぜんざいなるものを知る。

 金時豆のぜんざいの上にかき氷が乗っかっているのです。

 母のお友達曰く、子供のころからぜんざいと言えば氷の乗った沖縄ぜんざいだったそうです。

 私は食べませんでしたが、母が美味しいと喜んでおりましたのでお越しの際はぜひどうぞ。

 首里駅構内のコインロッカーに荷物を置いていたので、首里駅まで車で送ってもらってモノレールでホテルまで。

 いっぷくしてから夕飯を食べに行ったのですが、

ゆうなんぎい

と言うお店がおすすめです。

 着いたら店前が暗かったので、「閉店?」と思ってのぞいてみたら人がいたので不思議に思ってたら、おじさんが

「開店から物凄い人で大変だから閉まってるようにしちゃいました」

と笑う。おいおいw

 並ぶんだったらどうぞ、と言うことだったので並んでいましたら、今は懐かしいピンク電話がひっきりなしに鳴る。そして、おじさんが快活に

「予約はやってません。お並びになる分には構いませんが、閉店前の9時半でも並んでるような状況です」

とおっしゃる。いやあ、それはもう閉店状態にしておく方がいいですわね。

 さあて、そんなすごい店なら味はどうよ!?

 と思ったら、

何を食べても激ウマ!!

 泡盛も銘柄が書いていなくて種類もないんですが、うまい!

 旅仲間さんが「ふーちゃんぷる、ナーベラの味噌煮は必ず食べてみて!」とおっしゃってたので、お願いしたんですが美味しいんですわ。

 落ち着いてどうこうって店ではないですが、料理が美味しいのでお勧めします。

 最後に食べたヨモギの雑炊がもう、最高でした。

 

 と、いうわけで1日目は終了でございます。