読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

生田緑地ばら苑に行ってみた

園芸

 薔薇が好きやね~ん。

 てなことをTwitterで呟きましたら、「生田緑地ばら苑」と言うところがあるよ、春と秋にしか開いてないんだよ、と教えてもらったので閉苑最終日の今日、行ってまいりました。

 最寄り駅の向ヶ丘遊園駅にはばら苑のほかに藤子・F・不二雄ミュージアムも同じ方向にあるので、道々には

DSCF2658.jpg

フェンスに掴まるドラえもん

DSCF2657.jpg

(゚Д゚)@謎が大好きなコロ助

 などなど、藤子・F・不二雄テイストなオブジェがところどころにあったりします。

 そして、ばら苑入り口から肝心のばら苑まで、ちょっとした

登山状態

(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

 坂を延々と上った後に、延々と階段が続いていて、膝の悪い母ちゃん連れてたので不安でした。そして、デブゆえに自分の心臓もかなり負担かかってしまい、息切れが半端なかったです・・・。痩せよう。

 そんなこんなで、登り切った丘の上山の上には・・・

DSCF2645.jpg

ばら

DSCF2653.jpg

薔薇

DSCF2654.jpg

バラ

とバラ尽くし!!

 ちなみに入園無料ですが、募金してね、と言う感じです。見事な薔薇だったので、ちょこっとだけ募金してきました。

 いやあ、これだけのバラを管理して見事に咲かせるって並大抵の苦労ではございません。お金もかなりかかります。薔薇は肥料食いな花ですので、肥料だけでもかなりかかるはず。土を見れば、かなりいい土を土替えしていると見受けましたので、土替えの手間と土の費用を考えても結構かかるはず。

 笑ったのは、綺麗!と思って立札をみたら、ことごとく作出者がドイツのタンタウ社だったこと。

 他にもフランスの方とか日本の方とか作出した薔薇があるのに、なぜかタンタウ社のバラに惹かれるというw

 あれですか、イングリッシュガーデンを本場に見にいく前にドイツのローゼン・タンタウ社に挨拶行った方がいいですか(笑)ってぐらい、惹かれるバラが多かったです。

DSCF2650.jpg

 たまたま見つけた、お腹パンパンなカマキリ。

 他にもお約束の蜂とかいましたね。

DSCF2651.jpg

 これは、剣先弁咲きかな?

DSCF2656.jpg

 これは一重咲き。

 写真じゃ撮りきれないぐらい美しい薔薇がいっぱいです。

14150023010.png

 これは・・・ふりる?咲き?かな?

14150022760.png

 これもフリル咲きかな?

14150022100.png

 こんな感じでデッカイ薔薇がボンボン咲いていて、見ごたえがあります。

 で・・・やっちまいましたよっと。

14150021550.png

 薔薇盆栽がやりたかったので野バラを買ってしまったのでありんす。

 盆栽ってのは、自然の風景を小さく作るのが盆栽なわけでして・・・と考えると、バラを盆栽にするときは原種のハマナスとかじゃなかろうかと。

 普通に目にするひらひら花弁の沢山ついた薔薇は、人間が品種改良したものなんですね。自然の中にはあんまり存在しないわけです。それは盆栽に向かないのではないかと。なので、盆栽には、いわゆる野イバラがよろしいのではと思っていたところに400円の野薔薇さんが売っておりまして。

 店のおばちゃんには、「え?野バラ買うの?」と驚かれました。

 そりゃまあ、綺麗に花つけたミニバラに目もくれず、花のついていない野バラにくらいついてるんですからねぇ。女の子の行動じゃないですわな。挙句、盆栽用ときたもんだw

 写真は家にあった鉢に植え替えたんですが、そもそも盆栽用には育てられていないので根が長くて土からだいぶん根っこが出ちゃいました。

 ただ、薔薇盆栽の場合、この根っこを見せるのも一つの楽しみのようですので、このまま様子を見て大丈夫そうなら根を冬に切らないで置いておこうかと思います。

 土がいい土なので、そのまま根が少し出ている青の軌跡(バラ)に足そうかと思ったのですが、万一病気でもあったらいけないので天日に干してからに。

 と思った矢先に土から虫が出てきてギャー!!

 天日に干すことを思いついて助かりました・・・。ほっ。