読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

狙った音が出せない人向けかもかも

 調子が良くなってきたので、ちょくちょくシャドーイングしています。

 シャドーイングをやるには、音読かシンクロリーディング?(だったか)をかなりやりこんで完璧でないと、シャドーイングってなかなかできません。

 で、私の場合音読だと音がずれる。発音がおかしいままになってしまうんですな。

 と言うのも、そもそも耳は音をとれるのに、口からその音を出すことができない。必ずズレる。そういう癖があるので、音読だと音のずれが分かっても、修正できないんですよ。

 シンクロリーディング(模範音声と一緒に読む)だと、何度も繰り返して音を合わせて行くことができるので自分にはあってるかな、と。

 いちいち音を重ねてみないとズレの幅が分からないという不器用具合。

 昔、「歌なんか一回聞いたら歌えるよ」と言った友達がいましたが、そういう人は耳で聞き取った音をそのまま口から出せる人なんだと思います。そういう人は、音読とかリピーティングで行けると思う。

 そんなわけで、正しい音はわかるんだけど上手く歌うことのできない発声不器用な人はシンクロリーディングがおすすめでごじゃるよ。

 あと、シャドーイングって必死で模範音声を聞こうとするので、普通に音声を聞いてると聞き流しちゃって全然頭に入らないタイプの人にはいいと思う。

 いや、ほんと、ただ聞くだけで英語話せるならおいらは今頃英語の歌を歌いまくれておるわけですよ。洋楽しか聞かないからね。

 シャドーイングのときに、英文を真剣に聞いて頭に入ってきたので、これ、いいわ!と思うわけです。

 ちなみに、シャドーイングもただ音を追うだけのシャドーイングの後、英文の意味を感じながらシャドーイングするんですが、私は逆でやります。

 というのもねぇ、理系脳のせいか意味が分からない物を口にするのは苦痛なんですよ。だから、意味を取って納得できてから音を追ってます。もちろん、先にシンクロリーディングする前に意味の確認はしてるんですが、口で言いながら意味を体に染み込ませるってのはまた違うんですな。

 意味っても日本語訳ってわけじゃないっすよ。「花が好き」って文章なら「私は花が好きなの」って思いながら喋るわけです。

 このあたりの事が何となく分かってきました。

 シャドーイングって難しいので正直簡単に人に勧められないんだけどね。わりと挫折しやすそうだなーって思います。

 できるかー!!って思う人は、リピーティングとか音読でもいいと思うのですよ。とりあえず英語を口にしてりゃあいいんじゃないかと。挫折するよりいいですわ。

 それにしても、勉強時間まだまだ取れてないなー。

 つい、遊んじゃうのね、最近の原因は。

 あと、勉強時間にいれてないDVD視聴もあるにはあるけど、あんまり英語聞き取れてないしなぁ。

 てことで、風呂でパイレーツ・エンド見てきます。はい、ベネディクトさんのドラマですよw

 相変わらず聞き取りに苦労しますが、EJ読んでたらイギリスの品のいい育ちの方は小声で穏やかに話すと書いてあり、納得。ベネさん上流さんだもんね。優しく響くバリトンは彼の魅力です。

 が・・・僕には聞き取りにくいんだよぉう・・・めそめそ。マーティンさんのほうが聞き取りやすいです。はい。マー様も好きですよん。

11/4改訂