読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

『ルパン三世 —王妃の首飾りを追え!—』『ファンシー・ガイ!』(東京宝塚劇場 雪組公演)

 あれはもう、いつの事でありましたでしょうか・・・(遠い目)

 と言うぐらい過去の記憶なのですが、せっかく見たのでちょっとだけ感想を。

 今回は雪組トップコンビお披露目だったかと。

 それにふさわしい公演かと問われれば、はじめに「否」と答えておきましょう。

ルパン三世 —王妃の首飾りを追え!—』

 脚本や演出はまあ、モンキーパンチ氏の世界観と宝塚を織り交ぜるという点でよく頑張ったのではないかと思います。

 が、なにしろコミカルな役と言うのは普通にハンサムをやる以上に難しい役なわけでして、しかもルパン三世のカッコよさを出すには、内面がどっしりとブレないことが必須なわけです。

 それが、トップになりたての早霧せいなに出せていたかと言うと・・・残念ながら「そうね、がんばってはいたわね」と言うにとどまってしまう。ちょっと新トップお披露目には厳しかったのかなぁと。

 演出で気になったのは、コミカルさを出そうとするあまりにゴチャゴチャバタバタしすぎていたことかな。発声が違うのかマイクがコミック場面で音を拾いすぎて耳障りだったりとかしていました。

 ま、思ったよりは全体的には良かったです。

 脚本演出は良かったので、今度はトップさんに合わせた物を作って欲しいなーと思います。

『ファンシー・ガイ!』

 安定の三木先生。安定しすぎてつまらない。的な。

 でまあ、それは分かっておられるようで、ところどころ「お」と思わせることをやってはいるんですが、イマイチぱっとせず。

 男声が入るのは賛否両論というか否否一論な感じですが、演出意図としては分からなくはない。女性のソロをあそこで入れても「扉の向こうとこちらの隔たり」は宝塚では演出できませんからね。宝塚と言う特殊性だけに。

 でもやはり違和感がありまして、どうかと思う点ですね。

 ひとり、超かわいい娘役さんがいたんですけど、誰かわからず・・・場面もはっきり覚えておらず。

 ただいま一目ぼれの少年状態でございます(笑)

 そんなこんなで、まあ、めちゃくちゃ破綻してて見るに堪えない程ではないので、及第点には届くのかなぁと言った次第。

 ルパンはもう一回見たいかな。人気でチケット全くありませんけどね。

 なんだかんだ言っても、生徒さんみなさんのキャラクター再現率がわりといいですし、わははと笑ってみる分には楽しめますから。楽団も力入ってるのか、音外してなかったしw

 版権が許すなら、今度は円熟期に入ったトップさんのルパンを見たいですね。チギのフレッシュなルパンも斬新で可愛いくていいのですが。