読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

あしかがフラワーパーク

 ゴールデンウイークしょっぱなは、母と藤の花で有名な「あしかがフラワーパーク」に行ってきました。母も私も花が好きなので、一緒に行ってもストレスは・・・溜まりますw

 いや、母は写真を撮りたがるのでアングルにこだわるんですよね。そんで時間かかったり他人に迷惑かけたりするので・・・ええ。私は写真は最低限でひたすら生で見たいのですよ。そのへん、やっぱ舞台派なのかもしれませんね。映像はあまり興味がないので。

 さて、この「あしかがフラワーパーク」は入園料が変動制です。花の見ごろによって、盛りを最高額に設定しているわけですね。今回は最高額の時期に行ってきました。

 入り口からびっくり。

DSCF2783.jpg

 見事な藤がお出迎え。

 とりあえず、長時間移動でお腹が空いているので入り口近くのレストランへ。

 栃木の牛が入ったお膳を頂いたのですが、めちゃウマでした!ここのレストラン、結構イケるかも。

 そして、近場にあった紅色の藤から。

DSCF2785.jpg

 そして、白藤のトンネルへ。

DSCF2786.jpg

おおお!

DSCF2787.jpg

 なんだか幻想的です。

DSCF2788.jpg

 

 アップはこんな感じ。

DSCF2791.jpg

 トンネルの外も見事な白藤!

 綺麗な白い藤を堪能した後は、八重の藤を見に行きます。

 お次は八重咲きと言う面白い藤、黒龍を見に行きます。

DSCF2796.jpg

 これを移動させるのに、日本で女性第一号樹木医・塚本このみ氏と造園技術者たちの話が情〇大陸やらN〇Kのプロフェッショナルやらで紹介されていたらしいです。

 あまりに大きく広がっているので、どこの業者も「到底無理」と移動を断る中、引き受けた塚本氏の苦闘がドラマになるようで。

 実際にこの目で見ると、あまりの木の大きさ、広がりに「よく動かせたな!!」とびっくりします。

DSCF2794.jpg

 八重の藤はアップにするとこんな感じです。

 八重咲き大好きな(゚Д゚)@謎は、この黒龍に惚れこんで是非!自分の庭に!と思い販売されている小ぶりの木を探して買おうと財布に手を伸ばしたところで、ママゴンに「止めなはれ」と叱られましたwww

 は!また増えるところだった!やべぇ。

 この黒龍、ぜひ一度見てください。私がほれ込む気持ちが分かりますよ。

 さて、次は珍しい黄色い藤。

DSCF2798.jpg

 黄色だと、逆さ菜の花のようですね。

DSCF2800.jpg

 こういう感じでトンネルを作っています。

DSCF2801.jpg

 まだ育てている段階のようで、天井を覆うほどにはなっていません。

 あと、まだ咲きはじめなので、満開になったらもっと綺麗だろうな~と。

 さて、次は大長藤。花の長さの長い藤です。

DSCF2806.jpg

 なんだか霞がかった感じで桃源郷かと。

DSCF2804.jpg

 本当に花が長くてきれいです。

DSCF2807.jpg

 まるで、お寺のご本尊の周りにある飾りのようです。

 

 ほれ込んだ黒龍をまた見に行きまして、こんな写真を。

DSCF2814.jpg

 上から、黒龍、白藤、ツツジで三色並んでいて綺麗でした。

 そして、圧巻の白藤の滝。

DSCF2809.jpg

 本当にまるで、瀑布のようです。

DSCF2811.jpg

 滝の水が流れ落ちてるように見えませんか?

 最後に、藤のドームに行ったら、陽の光が射して幻想的でした。

DSCF2816.jpg

 

 思う存分、藤を堪能してきました。

 お土産は、純国産はちみつ。

DSCF2818.jpg

 実ははちみつがあまり好きではないのですが、これは癖がなく、くどさもなく、美味しかったです。高いけどね!

 藤好きの方は是非ぜひ!満開の時期に行ってみてください。

 感動しますよ!