謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

2015年の読書記録!!

今年はもう少し読みたいなー。

2015年の読書メーター
読んだ本の数:29冊
読んだページ数:4787ページ
ナイス数:211ナイス

中国嫁日記 (五)中国嫁日記 (五)感想
最後の漫画がやはり泣けた。毎回毎回思うけど月さん本当にいい人だ!!!
読了日:12月31日 著者:井上純一
理系の人々 (5)理系の人々 (5)感想
理系ですが、やはりSEの話は門外漢なのでちょっとわかりにくいところがあったりしますが、他の業種を覗けるのは楽しい。もちろん、あるあるネタも面白いです。作者が転職?してもう3年たつんですね~。ちゃんとやっていけてるのだから漫画家向いてるんじゃないでしょうか。
読了日:12月28日 著者:よしたに
毎日かあさん12  母娘(ははこ)つんつか編毎日かあさん12 母娘(ははこ)つんつか編感想
息子がいつの間にかえらい大きくなってて感激するとともに、それまであまり出てこなかった娘の成長がこれでもかと。頑張れお兄ちゃん。そのままそだってね妹ちゃん。最後はやっぱり泣けます。
読了日:12月23日 著者:西原理恵子
ぼくの体はツーアウト 8 (グランドジャンプ愛蔵版コミックス)ぼくの体はツーアウト 8 (グランドジャンプ愛蔵版コミックス)感想
よしたにさんの強みは自炊できることだと思う。自炊が苦にならない、一人暮らしで自分の都合でメニューが決められると言うのは大きい。食って大事よね。
読了日:12月23日 著者:よしたに
聖☆おにいさん 通常版(12) (モーニング KC)聖☆おにいさん 通常版(12) (モーニング KC)感想
相変わらず、電車で読んではいけない漫画NO.1ですな。しかし、ブッダイケメンだよね・・・。そういや日本で1位の宗教ってなに?
読了日:11月23日 著者:中村光
新訳 ハムレット (角川文庫)新訳 ハムレット (角川文庫)感想
声に出して読みたい訳であり、この作品が戯曲であることを思えばその趣旨に沿った素晴らしい訳である。これからハムレットを読もうと思う向きには、まずこの訳からお勧めしたい。また、kindleで読むと注釈の表示が読書の妨げにならないのでkindleをお持ちの方はそちらをお勧めする。
読了日:10月12日 著者:シェイクスピア,河合祥一郎
ましろのおと(14) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(14) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
緒方の過去に涙。こういう子は、いるからね。
読了日:9月28日 著者:羅川真里茂
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (2) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (2) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
このマンガを読んで、もっと日本の文化に自信を持ってもいいのかなぁ、と。

そして、二巻も可愛らしい絵で、何ともいえないチャーミングな四コマでおもしろかった!

そして、日本にビーガン食が少ないのは、私も何とかならないかなーと思います。海外の人はビーガンやベジタリアンが多いですから。あと、ハラルもあるといいんだけどなぁ。
読了日:9月28日 著者:オーサ・イェークストロム
コミックA・C・ドイル シャーロック・ホームズ正典名作傑作撰(秋田文庫70-1) (秋田文庫 70-1)コミックA・C・ドイル シャーロック・ホームズ正典名作傑作撰(秋田文庫70-1) (秋田文庫 70-1)感想
読みやすかったり読みにくかったり。絵が好みだったり違ったり。好みの方の絵で全部読めた方が良かったかな。シャーロックホームズをなんとなく抑えるには十分ではあると思います。
読了日:8月26日 著者:A・C・ドイル(原作)
ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)感想
この発想はなかった(笑)おとなしそうなライオスが一番変人という。すきだわー。
読了日:8月20日 著者:九井諒子
火花火花感想
平易な言葉でここまでお笑いについて、世間について、人間について掘り下げられるのは凄いと思う。そんでもってカタルシスも入ってるし、全体的に「上手いなー」という印象。賞をもらっても不思議ではない出来だと思います。
読了日:8月17日 著者:又吉直樹
海自オタがうっかり「中の人」と結婚した件。海自オタがうっかり「中の人」と結婚した件。感想
ミリ好きなので楽しかったです。旦那さん自体がすごくいいひとだなーと。しかし、何でも訓練は端から見る分には笑えますね。当事者には…なりたくない(笑)
読了日:8月2日 著者:たいらさおり
中国工場の琴音ちゃん中国工場の琴音ちゃん感想
報道ではわからない、中国の姿です。文化の違いはすごいですね。親に紹介したいけど、イロイロヤバいので紹介出来ないのが残念です。(その部分が面白いんだけどね)
読了日:7月28日 著者:井上純一
〈新版〉投資信託選びでいちばん知りたいこと〈新版〉投資信託選びでいちばん知りたいこと感想
投資信託を始めるにあたって、丁寧に選び方を指南している本。モーニングスターの方が書いているので、モーニングスターのサイトを例にとって書いてあるものの、汎用性はあります。
読了日:7月27日 著者:朝倉智也
最新版 (図解)池上彰の 経済のニュースが面白いほどわかる本 (中経の文庫)最新版 (図解)池上彰の 経済のニュースが面白いほどわかる本 (中経の文庫)感想
学校で習った基礎から、最新の経済事情まで分かりやすく書かれた良書
読了日:7月19日 著者:池上彰
大奥 12 (ジェッツコミックス)大奥 12 (ジェッツコミックス)感想
家斉が、やはりあの母の子供であるという展開が怖い。その一方で家斉や黒木の夫婦愛が泣ける。
読了日:7月1日 著者:よしながふみ
ましろのおと(13) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(13) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
大河の演奏で涙が溢れました!挫折して這い上がった人間は優しくて強い。
読了日:6月26日 著者:羅川真里茂
銀の匙 Silver Spoon 13 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 13 (少年サンデーコミックス)感想
はやくくっついちゃえよ!と応援しつつ、卒業間近の時期まで来たんですね、としみじみ。
読了日:6月22日 著者:荒川弘
スティーブズ 2 (ビッグコミックス)スティーブズ 2 (ビッグコミックス)感想
面白いので1・2巻通して一気に読んでしまった。コラムも秀逸で、西和彦の写真に笑ってしまった。アイオー、懐かしいですね。

でも、ゲイツさんカッコよすぎじゃないですか(笑)
読了日:6月22日 著者:
スティーブズ 1 (ビッグコミックス)スティーブズ 1 (ビッグコミックス)感想
久々にワクワクする漫画!パソコン好きにはたまりません!
読了日:6月22日 著者:うめ,松永肇一
進撃の巨人(16) (講談社コミックス)進撃の巨人(16) (講談社コミックス)感想
上手く言えないけれど、胸に痛い。エレンのきもち、ヒストリアのきもち。みんなの思い。ただただ、彼らが明るく笑える未来を望むだけです。
読了日:6月13日 著者:諫山創
へぇな会社 変わっているけど成果を生み出す「働き方」「儲け方」のルール39へぇな会社 変わっているけど成果を生み出す「働き方」「儲け方」のルール39感想
同じ事やってるのに、うちじゃうまくいってないyo!なものから、そんな会社で働いてみたい!と言うものまで、世の中には様々な会社があるものだと感心しました。個人的には、育児や障害などで中々就労できない人を採用を応援する会社に頑張ってもらいたいです。
読了日:6月12日 著者:よしたに,朝日新聞「へぇな会社」取材班
イスラーム国の衝撃 (文春新書)イスラーム国の衝撃 (文春新書)感想
なんだか得体の知れないISIS。とうぜん、突然湧いて出てきたわけではなく、台頭する背景と歴史がある。それを知るには分かりやすくていい本だと思う。
読了日:6月9日 著者:池内恵
投資信託はこうして買いなさい投資信託はこうして買いなさい感想
分かりやすい。著者がセゾン投信の設立者なので、その辺を考慮して読む必要もあるけれど、初心者には投資信託のだいたいのことがわかるのでありがたい。
読了日:6月9日 著者:中野晴啓
進撃の巨人 関西弁版(1)進撃の巨人 関西弁版(1)感想
痛快エブリデーは関西人にしかわからんちゃうかwwwそして、進撃の巨人・・・そうね、巨人ね。川藤ねwwwあかん、死ぬ。
読了日:3月15日 著者:諫山創
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
オーサさんが可愛い。周囲が日本語の失敗を可愛いと言うのも何となく分かるような。素直な視点でストレートに書いているのにほんわか可愛いので楽しく読めます。
読了日:3月15日 著者:オーサ・イェークストロム
聖☆おにいさん(11) (モーニング KC)聖☆おにいさん(11) (モーニング KC)感想
面白いけど、最後の話はしってる人にしか分からないのが残念。
読了日:2月24日 著者:中村光
中国嫁日記(四)中国嫁日記(四)感想
最後の話は、月さんの優しさに泣けました。ジンサンの気持ちも分からなくもないし。しかし、ほんと、いい夫婦だなー。
読了日:1月31日 著者:井上純一
進撃の巨人(15) (講談社コミックス)進撃の巨人(15) (講談社コミックス)感想
最後、さいごー!!そして、総統ステキ
読了日:1月22日 著者:諫山創

読書メーター