読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』『HOT EYES!!』(宙組公演 東京宝塚劇場)

 今回、特に大きな原作が付いているとかそう言った宣伝効果はなかった宙組さん。

 侮ることなかれ。

 これぞ宝塚!と言った優秀作品でありました。ミュージカルもショーも。舞台が好きな、宝塚初見者をぜひ連れて行きたい作品です。

 ミュージカルはシェークスピアの半生を描いたオリジナル作品。

 これが良かった。

 流れるように淡々と話が進んでいるようで、ひたひたと不幸の訪れがせまってどん底に突き落とし、そこからドラマチックに這い上がってゆく様が、ちょっとしたコミカルさも入れて上手く表現されていました。

 悲しみに涙し、感動し、後味の良い幕に心からの拍手を送りました。

 悲しみ最高潮の時の演出が最高。そしてそれを演じる主演朝夏まなとの演技が秀逸です。

 実咲凜音のアン・ハサウェイが本当に言葉の妖精と言うか女神と言うか、そんな感じがして良かったです。

 あと、わりと他の出演者の見せ場も結構それぞれありましたね。ただ、今回オペラを忘れておりまして、完全に誰がどれかよくわかっているわけではないので、個々人への感想は今回割愛します。

 なんだ、宝塚だってこんな良いオリジナル作れるんじゃないか。

 大作にばっかり頼らないでよ。もったいない。

 ショーは・・・でたな「ファンタジスタ藤井」・・・。

 余談ですが、世の中では「ファンタジスタ藤井」と言えば将棋棋士の終盤のファンタジスタ藤井猛氏を指すそうです。ええ、いらっしゃるんです、ファンタジスタ藤井がもうひとり。とは言え、こちらは悪い意味で使われているんですけどね。終盤に悪手をなぜか指すのでそれが分けわからん、と言う意味で使われてるそうです。

 ですが、私はファンタジスタ藤井と言えば、良い意味の方で、「宙FANTASISTA!」以降一貫して藤井大介先生を指します。

 何が言いたいかと言いますと、いいんです。素晴らしいんです。

 シェイクスピアから受け取ったくすんだと言うか淡い綺麗な色合いを基調にギンギラさをプラスして上品な印象にしつつ、懐かしのアイドルメドレーをやってみたりと言ったお遊びを取り入れたり、段々色味も濃くなってラインダンスが凄くカラフルで綺麗だったりと、見ていて楽しいです。

 さらに、終盤の主演・朝夏まなとによるバレエを取り入れたダンスが圧巻。

 ブルーを基調にした舞台と衣装の中、劇場の花道から舞台からを狭しと舞い、指先まで美しさがあふれ出る様は息をのむ美しさ。目が釘付けでした。

 見ていて綺麗で楽しいので、こちらも宝塚初見の方にはお勧めです。

 お勧めなんだけど、普通にチケット取れませんよねぇ・・・。敷居高くしてませんかね、ぴあやe+で激戦くぐらなきゃ見られないのは敷居高いですよ。B席とA席の一部は当日(せめて前々日)で買えるぐらいの方が「気になってるから見に行こう」と言う初心者層を引き込めると思うんですが。

 だって、劇場ってフルで座席埋まらなきゃ採算取れないわけじゃないでしょう?どうなの?

 どこを犠牲にして実を取るか、よーっく考えて欲しいな~。

 現状、宝塚を多方面で広報されていて知名度は上がっているけど、何にも知らない人が公式ホームページを見ながら気軽にチケット取るのは関東圏でほぼ不可能ですからね。

 チケットの配券方法を少し考えたほうがいいよね。