読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

『るろうに剣心』(東京宝塚劇場 雪組公演)

 あまりの人気に、もう見られないかと思っていた公演ですが色々な方々のおかげで見ることができました。ありがとうございます。

 さて、大人気漫画「るろうに剣心」を原作にした本公演は2幕共にミュージカルの大作扱いになってます。私は通常公演なのかな~と思っていたのですけど(笑)

 まあ、小池先生がやるんだから大作扱でないとなぁってところですかね。

 さて、出来の方ですが、上手くまとまってるなぁ、と言う印象。

 小池先生が作ったのであれば、普通かな。並の作品と言ったところでしょうか。これがほかの演出家の作であれば手放しでほめるところですが。

 キャラクターが多彩である利点を生かして、色んな生徒に見せ場があって雪組ファンにはいい作品ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?>雪組ファンの皆さま

 原作の漫画はリアルタイムで読んでましたが、昔の話で話の筋まで覚えていなかったのですが、キャラクターの個性は舞台をみて思い出しました。

 それぐらい、舞台で生き生きと動き回るキャラクターたちがまるで漫画から出てきたのではないか、と言うぐらい再現力が凄かったです。本当に、漫画のキャラが3次元に出てきたみたいで感動すらしました。これはもう生徒各人の努力の賜物です。


 その中で、剣心の過去パートがやや軽すぎたかな~という不満が残りましたが、現在パートではそこまで不満にならず、剣心ののほほんとした良さが早霧せいな氏にぴったりでしたね。

 殺陣はさすがに迫真の動きと言うわけに行かないのですが、キメポーズは日本一です、どんな劇団にも負けないぐらいキメポーズの決まり具合は素晴らしいです。もう、心の中で「きゃーーーーー」と黄色い声を何回あげたか。特に斎藤一(彩風 咲奈)!!!斎藤一カッコ良すぎて死ぬかと思いましたよ!!!
 
 あと、佐之助(鳳翔 大)かわいかったわー。この年になるとああいう役はかっこいいより可愛いと思っちゃうんですよね~。弥彦(彩 みちる)も可愛かった!一番漫画のキャラに近かったのでは?

 娘役さんも皆さん生き生きと煌めいていて、娘役スキーなひとも満足だったのではないかと思います。

 薫ってじつは漫画を読んでいるときはあまり好きではなかったのですが、咲妃 みゆ氏の薫はひたむきで可愛くって好感が持てました。お声がかすれていて大変だったのでしょうけど、そもそもがはねっかえりな娘なので役としては気にならなかったですね。

 そしてそして、そんな漫画の中からショーに移ったとたんに発揮される

雪組男役の色気ダダ漏れ能力

 いや~、もう、あまりの色っぽさに手に持ってたオペラグラス落とすかと思いましたよ。

 なんていうんでしょうか、私、昔は一路真輝和央ようかが好きだったので元々は雪組担当だったんですが、あのころに見た男役の色気がちゃんと残ってると言いますか。しっとりとした色気なんですよ。

 総評として、いいものを見せていただきました。

 宝塚ってやっぱり素敵です!