謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』(東京宝塚劇場 宙組)

 久しぶりに見てまいりました、エリザベート

 今回は朝夏トートに実咲エリザベートです。

 まあ様トートはその美しさから天上人かのような風情かと予想していたのですが、予想外に男らしく人間味があり、エリザベートに恋したがために地上に降りてきた黄泉の帝王と言った感じでした。それがまた素敵なんだ。

 みりおんベートですが、私、素晴らしいと思いました。凛とした風情、自由な心を持ちながら縛られるエリザベートの苦悩を良く表していてとてもよかった。これからもエリザベートは娘役でお願いしたいです。

 真風フランツは、まあ及第点かしらん?もう少し老年での渋みが欲しいところかな。

 愛月ルキーニは、ごめんね、やっぱちょっと弱いかな。頑張ってたけどね。もっとアクがあってもいいんだよね、ルキーニって。でも、そのアクや癖ってなかなか出せるものじゃないからねぇ。頑張るしかないですな。

 そして、お目当てのりくルド!

 蒼羽りく君のルドルフはさぞ美麗でありましょう、と思ってましたがもう、文句なしの美青年です。悩める影を持った美青年。ひゃ~~~~。

 もう、その輝きったら素晴らしいですよ。そして芝居心があるりく君なので、短い時間ながらも懸命に生きたルドルフ像をしっかりと描いていました。純真で真っすぐなルドルフですね。そりゃトート閣下もお連れになりますわ。

 他に気になったのがエーヤンの歌手ですが、調べたら新公でトートをやった生徒さんなんですね。目を引きましたし、歌も良かったです。


 全体評価としては、歌が弱い部分がところどころあり、コーラスも圧がやや薄いため及第点ながら、エリザベートは完璧以上を求められる演目なのでもう少し頑張って欲しいところでしょか。

 どうしてもかなりの回数を再演、また外部でも再演を繰り返していて観客の目も耳も肥えているので、本当に厳しいと思います。宙組エリザベートだって十分なんですよ。でも、やはりどこか物足りなく思ってしまう。

 まだ残りの公演で進化してくれることでしょう。