謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

諦めるか、諦めざるべきかそれが問題だ。

ユニオンジャックアイコン  魔女の帽子アイコン1
 この二つが並ぶと思い浮かべるのは何ですか?

 そう、ハリーポッターですよね~。実はハリーポッターは映画は途中までしか見ていないんです。

 原作はと言うと・・・翻訳されたものを1巻は確か読み切ったのですが、余りの読みにくさに2巻の途中で投げたんです。
 何と言いますか、翻訳は正しいかもしれませんが小説・児童書としての文章の質が悪かった。そりゃ日本語としても間違った文法で書かれていたわけではないですが、文学っちゃーアートなわけですよ。たとえ翻訳と言えど原作の文章のリズムやテンポ、空気を再現するくらいの気合が無いとだめなわけです。ましてや、子供が読む児童書。文章の質は高くなくてはならない。

 たとえば、原作が読めないので日本語のうまさでしか評せないが、村上春樹訳のグレートギャッツビー。小説家が翻訳したらそりゃ上手いに決まってるんですがね。ちなみに、村上春樹氏自身の作品はあまり好きじゃないんですが(笑)
 
 あと、翻訳された小説で好きだったのが「銀河の荒鷲シーフォート・シリーズ野田昌宏訳ですね。

 このお二人に共通するのは、自分の力で小説を書きあげる能力があるってことですね。魅力的な作品をね。

 あ、話反れた。

 ようするに、私には読むに堪えないものだったんです翻訳されたハリーポッターは。さすがに巻数もあるし、文庫?にもなってるから加筆訂正等されて読みやすくなっているかもしれないですけども。

 そんなわけで、ハリーポッターと言う魅力的な世界に触れるために残された道は、映画を全部見るか、英語(UK)の原文を読むかしかないわけで・・・。

 元本好きとしては、やっぱり「読みたい」わけでして。大分前にボックスでハリポタ全巻買っておいてあったりします。

 ま、映画見るほうが早いんですけどね(笑)

 
 さてさて、封切り日にハリポタシリーズの新作「ファンタスティック・ビースト」を見に行きまして、この忘れていたハリポタの世界をまた「知りたい」と思ったわけです。
アメリカアイコン2 
 ちなみに、新作映画の舞台はアメリカ!舞台が変わっているので、映画自体はハリポタを知らなくても十分楽しめるのですが、「そうだ、そんな楽しい世界があったよね」と思いだしちゃうと居てもたっても居られなくなっちゃいまして。

 さあさ、映画全部を見直すか!?

 英語はまだ能力的におそらく読めないぞ!

 諦めて翻訳を読むか⁉

 それとも諦めずに苦闘しながら原文を読むか!?

 そんな状況に今立ってます。だーれーかー小説家で英語できる人翻訳して~~~~~。

 うん、映画見るほうが早いよね。分かってる。

 ちなみに、わたし人気児童書のHOLESも買ったまままだ読んでないわ、kindleでエルマーシリーズも買って途中までしか読んでないし…。おおう。積読多すぎじゃ~~~~。

 そんなこんなで、ハリポタに関しては翻訳を読んでしまおうか、頑なに翻訳を拒否してヘナチョコ英語能力で頑張って読むか悩み中です。

 基本的には、日本の翻訳家の方々は優秀だと思うんですよ。そのおかげで、英語ができなくても生活できるわけですからね。

 それはね、忘れちゃいかんのです。

 わたし、翻訳した書籍ってもっとお金取って翻訳家の人に払ったほうがいいと思うのよ。勉強してわかるけど、「翻訳する」って物凄い技術だから。