読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

いつになく本を読んだので・・・1月の読書記録

書籍・雑誌
 なんか、1月はえらい冊数読んでますね・・・。びっくりだ。

============================

1月の読書メーター読んだ本の数:11 読んだページ数:1603 ナイス数:32

 佐藤氏との共著「最強の読み方」が情報収集について幅広く取り扱っているのに対し、本書は報道と言う物に対して深く掘り下げている。なので、「最強の~」と話が一部重複している。報道そのものの有り様についてやどうのようにニュースが作られているのか知りたい向きには本書を、情報収集について参考にしたい場合は「最強の~」を読むといいと思う。読了日:01月30日 著者:池上 彰

 非常にバランスの取れた良書。読書だけでなく人との付き合い方法まで書かれてある。小・中・高校の勉強が基礎になると言う内容に関しては、「何のために勉強するの?」という学生にありがちな疑問への素晴らしい回答になっているので、この点で編纂しなおして学生向けにしてもいいのではないかと思うほど(すでにあるのかな?)凡人の私には到底真似できませんが、参考になることも多く、役に立ちます。読了日:01月29日 著者:池上 彰,佐藤 優

 WindowsMacintoshのパクリだと聞いたことがあったのですが、こういう事情だったんですねぇ。ジョブズの快進の復活劇編を見たかったです。特別版かなんかで出ないかな~。読了日:01月23日 著者:

 最新15話が話題になったので・・・ってことで読んだんですが・・・これでも十分怖すぎる、辛すぎる、悲しすぎる。うん、でもね、ギャンブル依存の父とそれを支える母の構図だと、こうなるんだよね。本当にこうなる。たぶん、今でも苦しんでいる優子ちゃんみたいな子供たちがいると思うよ。たぶん、だから作者も命削って描いているんだと思う。読了日:01月22日 著者:大月悠祐子

 ネットで最新15話と「ペンと箸」の内容の差異が話題になっていたので購入して読んでみた。時間軸がブレブレで読みにくいんだけど、多分そうしないとこれ、読むの辛すぎると思う。読了日:01月22日 著者:大月悠祐子

 うつヌケ同様にカラーで読んでいただきたい一冊。各漫画家さん親子のいろんな心温まるお話を田中圭一氏の見事な模写を交えた漫画で構成するという、贅沢なマンガ。知ってる親子から知らない親子まで、どの親子もいい親子で涙が滲みました。読了日:01月20日 著者:田中 圭一,GMOクリエーターズネットワーク

 電子書籍版で読了。これはモノクロよりもカラーで読む方がより、書かれていることが伝わりやすいかと。あなたの鬱は私の鬱とは違うのがウツなので、沢山のうつヌケが掲載されているのは凄く良いことだと思います。 そうだね、もっと自分を好きにならないとなぁ、私。読了日:01月20日 著者:田中 圭一

 40代からでも英語は身に付く!という勇気を与えてくれます。40代に限らず全年齢の方にも有益な情報がいっぱいです。 個人的にはあまりビジネス本や雑誌は読まないのですが、英語以外にもためになる記事もあり、全体的に良かったです。読了日:01月15日 著者:

 意味が多様で覚えにくい基本的な単語のイメージとよく使う前置詞のイメージをつかむのに非常に適した本。英語を使えるようになりたい向きにはお勧めの本ですね。読了日:01月08日 著者:西澤 ロイ

 牛角のお話はそういうことだったんだなぁと。あと、前評判で泣かされるなかされると言われてた書下ろしで、予想通りの展開なのにやっぱりまんまと泣かされた・・・。読了日:01月06日 著者:井上 純一

 3人の掛け合いが面白い。一応記載の英文法に関しては正しいと思う(当たり前だ)けど、ザッとしか書かれていないので「英語ってこんなもの」的な理解の助けにするのがいいと思う。読了日:01月05日 著者:爆笑問題,パトリック・ハーラン
読書メーター

============================
計11冊!!まあ、漫画が多いですけどね~(笑)