謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

『紳士のための愛と殺人の手引き』(日生劇場 柿澤・ウエンツ両回 4月)

 やっと、4月の観劇までこぎつけました。

 母が市村正親さんの舞台なら見に行きたい、と言ってたので柿澤勇人くんの回をまず見ました。結構おもしろかったのでウエンツ瑛士くんの回を一人で見てます。

 主演は市村さんですが、主役は柿澤・ウエンツが扮する青年でした。

 でも、8人(ゲイも女性も含め)を市村さんが演じるのですが、これが出来る役者ってそうそういませんよ。まさに主演。

 まあ、ゲイまでは出来るでしょうけど、女性にもなっちゃうし、しかも女声高音域まで声が出るんですよ、市村さん!!びっくりしました。何オクターブ出るんだ、この人・・・。

 柿澤くん、ウエンツくんの役はモンティというどん底で暮らす青年なのですが、どん底の純朴な青年から自信をもった上流の紳士になっていく様は両人ともに良く演じられていました。

 歌は、柿澤くんの方が安定して良かったかな。ウエンツくんはちょと「ん?」なところもあり、声量も足りない(ヒロイン二人や市村さんは声量があるため)感じもしたので。ただ、十分に及第点の歌ではあります。微妙に劣ると言うだけであって、問題があるわけではありません。

 幕が開けて初めの方で見ているので、両人の個性が見られず残念でした。どっちを見ても損はしないし、満足できる代わりに、両方見るメリットはありませんでした。どっちも同じ出来なら両方見る必要はないでしょう。

 これから公演を重ねる中でそれぞれのモンティに個性が出るといいなぁと思います。

 ヒロインがふたりいるのですが、どちらも素敵でしたね。お色気むんむんのシベラはシルビア・グラブさん。可愛いくて純真そうなフィービーは宮澤エマさん。それぞれの役どころを良く表現出来ていたし、歌も素晴らしかった!

 そして、脇を固める役者も歌が素晴らしい!!

 超低音の素敵な歌声が気になって舞台をよく見てパンフレットまで買ったのに、どなたか分からず・・・。だれか教えてください、重低音のパートを素敵にうたった殿方の名前を・・・。

 ストーリー的にもさすがにトニー賞を取っただけあって、面白いです。バカバカしいんだけど面白い。それを市村さんが演じることで更に面白い。殺人の話なのにこんなに笑っていいのか、というぐらい大笑いです。

 完成度の高いミュージカルでした。