謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

本気度が大事

 日本語を覚えたい方の鬼気迫る勢いにタジタジになったオイラ。

 でもまー、それぐらいの気迫で勉強しないと何事も「習得」ってのは難しいよなぁと思うわけです。

f:id:nazonazoon:20170615174829j:image

 やはり人間、命懸かってる時や生活懸かってる時には勉強とかも覚えが早いと思うんですよ。難民の方が三ヶ月で英語覚えてペラペラ話してたのをテレビで見たことありますけど、そりゃ命がけですもん習得しますよね。

 日本だとさすがに命がかかっているってのは無いでしょうけど、昇進がかかっていたり海外出張が目前だったりする方々なんかは気迫が違うのかな?と思ってみたり。

 

 でまあ、自分はどうかと言いますと、どうしたってその気迫には欠けますわな。

 英語で人生どうにかしようとは思っていなくて、単純に趣味の範囲内なので習得しなくても死なない。やはりその辺がダメなんだろうなぁと。

 

 んでまあ、そう言う人はどうしたらよろしいのかって話ですが、結局まあ、継続しかないです。

 

 思いますに、日本人が英語を出来るようにしようって話で英語教育についてあれこれ言われるわけですが、私は優秀な翻訳者通訳者を安くで使えて沢山の日本人が母語で多くの知識習得やサービスを受けられる現状が続く限り学校教育だけでそれを成すのは無理だと思います。

 英語を習得しなくても死なない現状が続く限り無理です。

 いま、母語以外の言葉を習得しなくても死なないですむ日本は素晴らしい国です。それは誇っても良いんじゃないかと私は思います。母語を話すだけで生きていけるのは幸せな国です。それを忘れてはいけない。

 

 んでもまあ、この国際社会でそりゃまずいでしょ、って話ですが、であれば必要な人間が後からでも習得するための基礎をしっかりとすればいい。

 まあだいたい考えても見てくださいよ。数学国語理科社会、義務教育+高校で習った教科をすべて実社会で使ってる人居ますか?一部なら、使ってる人は多いと思います。そこですよ。将来どの教科のどの部分を必要とするかは分からない、だから基礎は一通り学ぶ。それが教育じゃないですか?

 

 なので、何歳になっても「英語を習得しよう」と思ったときに自分の中から取り出せる教育を施すことが重要じゃないかと思うんです。

 

 実は、私、発音は良くはないけど苦手意識は無いんですね。よく考えると、中学だったか高校だったかでRLの発音とthの発音を徹底して教えてくれた先生がいたんです。先生の名前も覚えてないですが。

 英語そのものは授業中寝てた記憶の方が多いし赤点しか取ったことがないので嫌いな科目なんですが、発音だけは苦手意識が薄かったりします。

 多分、これがなかったらとっくの昔に英語学習なんてやめていたかもしれません。

 

 学校教育だけで英語ペラペラなんて幻想です。鯉の滝登りぐらいありえない話です。であれば、教育としてやることは、読む聞く書く話すの四技能の基礎をバランスよく教えることだけじゃないですかね?

 興味があれば学生の時に追加勉強すれば習得できる、大人になってから必要になったときに勉強のきっかけに出来る教育を。

 

 なんだか報道見てると、小学校教育での英語のカリキュラムは小手先の楽しさとか興味とか考えてるように思うんですね。将来でも使える基礎を教育しましょうよ。小学校からやれば発音を徹底することも可能では?

 楽しいことも大事だけど、将来を見据えてカリキュラム組んで欲しいなぁと。

 

 で、究極はこれ。

 

 親が英語無しに幸せに生活しているのに、子供が必死に英語を学ぶと思いますか?

 

です。

 どうせなら、親も一緒にまなぼーぜ!!

 命懸けでないのなら、あとはどれだけ楽しく続けて学び続けられるかじゃないかな!?

 誰かと一緒なら続けられるよ!