謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

ユーリ!!! on MUSEUMに行ってきたよ。

 やっぱり訪問者がいつもより多いので首をひねり過ぎてむち打ちな(゚Д゚)@謎です。

 

 さて、某日「ユーリ!!! on MUSEUM」とバレエ用品(だけじゃないけど)のお店Chacottでのユーリ!!! on ICEの特別展示を合わせて見に行ってきました。

www.yurionfes.com

www.chacott-jp.com

 チャコット渋谷本店と渋谷のタワレコは近いので1日で行けます。

 ミュージアムの整理券をYOIオタの友人が午前中に取ってくれたので、私は午後から集合場所へ。

f:id:nazonazoon:20170804141729p:plain

 まずはチャコット渋谷本店から。

 チャコットですよ!憧れのチャコット

 痩せてるときも気後れして行かなかったけど、デブになったら余計に行きにくいチャコットですよ!デブはバレエもダンスもしないからな!(物理で無理)

 でも、YOIの展示を見ると言う大義名分があれば行ける!

 

 そんなわけで、ずっと憧れだった店内を盗み見しながらあくまでも「展示を見に来たのよ」感を装いつつ、展示をやっている地下へ。

 地下にはバレエのDVDや本などもあり、「演じる側」では無くてもバレエ好きなら嬉しい欲しいラインナップ。

 

 展示は製作過程のパネルや作っている途中のユリオの衣裳、そして私的に目玉が「衣裳の生地にさわれる」こと。

 アニメの衣裳を実際に作っているわけですが、それは実際のフィギュアスケート衣裳と同じ材料・工程で作られているので若干スケオタ気味の私地味に興奮。フィギュアの衣裳こうなってんのか、的な。マダムタッソーで真央ちゃんや羽生君の衣裳自体は見ていますが、生地に触ったことは無かったので。

 すっげー伸びます。なんじゃこりゃぁ!?のレベルで伸びる。

 そうだよね、スポーツだもんね。動くもんね。

 それでいて、軽くて見た目がすごくきれい。

 本当に感激物でした。

 

 さてさて、ミュージアムの展示内容は公式を見ていただければ分かるので、興味のある方はそちらを参考にしていただきまして、こちらはレポ・感想のみで。

 

 20分前から整理券を持った人は番号順に並ぶようになっています。平日のど昼間だったのでそんなにメチャメチャ人は居ませんでした。

 そこで友人に「イヤホン持ってきた?」と聞かれて「は?」と。

 たまたま珍しくイヤホンがあったので助かりましたが、音声ガイドに必要になります。

 先に音声ガイドについて説明すると、最近の美術館などで使われている電話のようにスピーカーに耳をつけて聴くガイド機械なのでイヤホンが無くても聴けなくはないと思うのですが、

 

キャラが掛け合いをしながらガイドする

 

と言う、ファン垂涎もののネタなのでシッカリこの音声を聴くためにはイヤホンで聴いた方が絶対いい。タワレコの公式ページでも持ってきてね案内がありますね(今見た)。

 

 で、この音声ガイドの料金はミュージアム見学料金に含まれてるそうです。通常美術館などの音声ガイドって400円前後なのでミュージアム代金正味600円!?と思ったら、確かに分量的には600円かな。ボリュームとしてはちょっと少ないかなぁと思いました。まあ、1クール分しかアニメやってないし、しょうがないわな。

 

 でもねー、これ音声ガイドを含めて一つの「MUSEUM」だなって思います。だから音声ガイドが料金に含まれているのが納得できる。

 ガイド聴きながら展示物見るとほんと楽しい。ただ見るより数倍楽しい。

 ガイドが6種類あるから、多分それぞれで見え方も違ってくると思う。

 べつにオタクじゃないけど、6種類聴きたいなぁって思いますもん。

 

 イヤホンで音声ガイド聴いてて問題があるとしたら、友達と話せない事ですかねぇ。なので会場では話すのは止めて音声に集中して、会場出てからお茶しながらお話するつもりで計画したほうがいいと思います。

 

 ショップも平日なのでゆっくり見られました。

 これが今はやりのアクキーとやらか、とか思いながら見ていました。まあ、この歳なんでさすがにグッズは買っても使い道がねぇ(笑)

 とりあえず、何も買わずに場外へ。

 

 とまあ、内容には触れずですが、ぜひファンは見に行って聴いてくださいね~。

 

 苦言としては、日付指定の券を買っているのに別途時間指定整理券を当日貰わなくてはいけないので、下手をすると1日仕事になってしまうことですかね。このあたり、はじめから日付時間指定の前売りにできなかったのかなぁと思わなくもないです。遠方から来る人にはとても不親切なシステムだと思います。