謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

スパルタはあります。

 体調が回復してきたので、簡単なエクササイズをやったら思いっきり筋肉痛の(゚Д゚)@謎です。

 なさけない。

 

 そういや、以前英語は命や生活がかかっていれば習得も早いだろうということを書いたと思うのですが、じつは、それぐらいの気迫で英語を勉強するための英語学校が存在します。ライ〇ップじゃありません。

f:id:nazonazoon:20170807232215j:plain

 私も知人から聞いた話だけなので実名紹介はしませんが、おそらくあなたが英語習得について追いつめられたらたどり着くとおもいます。もっとも、東京にあるので地方の方は残念ながら利用できませんが。(下宿して通う人も居るようです)

 

 とにかくスパルタ。厳しい。英語が嫌いになる人も居て脱落者も出る。

 

 そのかわり、最後までちゃんとやり遂げられれば最初に「ここまで英語力をアップさせます(例えばTOEIC○○○点とか、こんなことが出来るレベルとか)」と言ったとこまで確実に上がるそうです。

 んで、その上げるぜレベルが低すぎたり高すぎたりしたら、信用できない学校だってなるんですけど、お話聞いた人のレベルと取ったコースの長さから考えると、実現不可能ではないなっていう着実な線で話をしたようなので、そんなにおかしいところではなさそう。

 

 でもねぇ、そこまで上げるのに勉強時間半端ないんですよ。授業も卒倒しそうなほど厳しい。そのかわり、勉強すればするほど出てくる疑問とか時間外の対応を無料でしてくれると言う、勉強しまくる人には天国みたいな学校。本気・真剣な人間にはここほどいいところは無いようです。

 

 まあ、正直その学校に行こうかどうしようか、ちょっと気持ちが揺らいだのは確か。

 でもね、休職してヒマプーなのに1日2時間の勉強も無理な体力と脳ミソなんですよ。話を聞いた当時は仕事もしてましたので1日の勉強量は1時間も取れない。

 なにより、英語の勉強は脳への負担が恐ろしく大きいので、自分の脳みそが物理的に仕事しながらそれまで以上の勉強量をこなすのは無理だと思ったんですね。体力的にも通学型のスクールは無理と判断。

 

 さらに、ちょっと気になったのが「英語が嫌いになっちゃう人が居る」ってことなんですね。嫌いになったらヤダなぁと。ほら、なにしろ英語学習のスタートが「英語嫌い」からだから、そこにまた落ちる可能性って大きいなって。

 

 いやー、今でもすんげー行きたい気持ちあるけど、なんで休職してるかと言うと病気で頭が回んなくて体力がないからですよ。その学校で頑張れるんだったら、まず仕事してるわけですよ。

 

 なので、仕事が思うように出来るようになって、更に英語の勉強も出来るだけの余裕が出来てからですね。それいつよ。

 

 で、その学校の話を聞きながら、自分で調べたりもしながら、やっぱり英語に近道はないんだなぁと思います。あと、どんだけ英語に触れるかってやっぱ大事なんだなぁって。

 

 そんなわけで、死ぬほど英語が必要だって方は、色んなワードで検索かけて黒いバックの「いつの時代だ!?」という怪しいサイトにたどり着いたらそれがそうです。

 

 スパルタがいいかどうかはともかくとして、やはり英語漬けぐらいの勉強量は必要なんだよねぇ(遠い目)

 

 やれるとこまで頑張ります。