謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

『CAPTAIN NEMO』 …ネモ船長と神秘の島…(日本青年館ホール 雪組)

 かなり気温が下がって、うっかりまた風邪を引きそうな(゚Д゚)@謎です。そうはさせるか~~~~!!!

 

 さて、『迷作』と噂の雪組さん『CAPTAIN NEMO』…ネモ船長と神秘の島…を見てまいりました。

f:id:nazonazoon:20170901124220j:plain

 うん、思いっきり迷作でした。

 

 たぶん、私の記憶力が良ければ突っ込みどころが激満載状態です。でも、幸い物忘れが激しいので突っ込みどころを全部忘れました。聡い他の方が突っ込み入れておられるのを見かけたので、知りたい方はその辺を読んでみるといいかもしれません。

 覚えている最大の突っ込みは

 

そこで終わるのかよ!!

 

です。

 なんかね、突っ込みどころが多すぎて一周回ってそれが面白くなってしまうあたりで駄作とはちょっと言えないという(笑)

 

 無駄に長いプロローグのレビュー?とか、長い親子の会話中置物(オルガン弾いてはいますが)状態の主演とか、ネモ船長登場シーンが長くて("゚д゚)ポカーンとか、謎演出が結構多い・・・。

 

 あと、良かった点を上げれば本公演ではないので、出演者が少なく若い子も多いので男役にも娘役にもそこそこ見せ場があって、また、出来うる限り脇の方まで役名を呼び合っているので、気になった子がいると後で生徒の名前を探しやすいようになってたことですね。

 駄作・迷作に耐えるコツは、ご贔屓をひたすら愛でるとか、気になる生徒を目で追い回すとかなんですが、それをするのが非常にやり易く楽しいのでその点ではいいですね。それすら出来ない演出の作品だと本気でつらい・・・。

 

 まー、さすがにこれ、複数回見るとなるとご贔屓が居ないと厳しいですが、宝塚愛好家であれば一度見ると話のネタになるので良いと思います。

 

 

 

 生徒さんは皆さん良かったです。

 

 彩風咲奈さんは一貫して謎めいたネモ船長でしたね。謎めいたまま、割と結構人情味あふれる台詞を言うと言う難しそうな役なんですが、破たんすることなく演じていたので、すごいなあと。

 

 みつる(華形ひかる)は存在感がさすがでしたね。落ち着いた学者の役がぴったりでした。落ち着いてるのに華があるとか、やはりスター向きな人だなぁと思ってみたり。

 

 永久輝せあさん、台詞が膨大すぎて若干乗り切らない部分が見えなくもなかったけど、なにしろ台詞量が半端ないので、むしろ良くやり切ってると思わなくもない。育て甲斐のありそうな生徒さんだなぁと言う印象。

 

 あーさ(朝美絢)は意志を固く持つ軍人の役をしっかりと演じつつ、軍人ならではの重々しさも表現して良かったですね。体格的にそんなに大きくないのですが、軍人として違和感が無かったです。この人も華のある人ですね。舞台にでるとパッと目を引く。

 

 彩みちるさん、可愛いですね。役が学者であるので可愛いだけではない、しっかりした女性の感じも出してて、きらきらしてて良かったです。ヒロインとして十分だと私は思います。え、弥彦やってた子か!いいよいいよ~~~~この子いいよ~~~(怪しいオッサンかよ)

 

 そして、さすがの汝鳥伶さん。やはり専科さんが入ると芝居が締まりますね。ゆうさんの存在なくしてこの舞台存在しえません。芝居がばらけずに纏まっているのは、ゆうさんの存在あってこそではないかと思うのです。

 

 あと、気に入った娘役さんが舞咲りんさん。お名前の通りの凛とした女性の役がとても似合っていて、それでいてチャーミングでした。

 

 そして、めちゃめちゃ目を引いてたのが縣千くん。

 なんだこの子。何をどうやっても目が行くし、踊ったら踊ったで目が行くし。ぶっちゃけ別に顔は好みじゃないんだけどねぇ・・・。たまにいますよね、なんでか知らんけど目が行く生徒さんって。何でも101期だとか。わ、わかい!!!

 や~、がんばれ~。

 

 あと、・・・たぶん眞ノ宮るいくんも目を引いたかな。多分なのは、そんなにたくさんお名前チェックできないのでどうしてもあやふやになってしまったので・・・。すみません。だってー、舞台のお化粧と公式サイトのお写真と違うから確証が持てないんだよ~~~。

 

 普段だと、役名で書くんですけど、前述の通りひたすら生徒をみていたので生徒名で書いてしまった・・・。

 

 そんなわけで、ネットのうわさもまんざらじゃないんだなぁと思った公演でした。